おまわりさん弱体化 体力不足、人見知りで職質苦手な新人も

NEWSポストセブン / 2020年7月10日 11時5分

強ければいいというものでもないが…(時事通信フォト)

 5月下旬から米国で拡大した抗議運動は、白人警官が黒人男性を押さえつけ死亡させる事件が発端だったが、日本では「おまわりさんの弱体化」が深刻化しているという。

「若い警官の体力不足は深刻です。職務質問中に逃げた男を20代の新人に追跡させたら、メタボ体型で全然走れず逃げられた」(50代巡査部長)

「30代前半の部下が窃盗の被疑者を確保する際に刃物で抵抗され、先輩警官を盾に顔面蒼白で逃げまわった」(40代巡査長)

 背景の一つに採用基準の緩和があるという。人員確保のため全国の8割以上の警察本部で受験資格から身長・体重の規定を撤廃、年齢制限の緩和が行なわれているのだ。元兵庫県警刑事の飛松五男氏がいう。

「私の若い頃は“体を作れ”と厳しく言われたが、最近は厳しい指導がパワハラと言われかねない。チンピラに怒鳴られて竦む若い警察官もいる」

 メンタル面も心許ない。

「“人見知りで職質が苦手”という新人もいる。職質時も逆切れされると“どうもすみません”と謝ってしまうのだから情けない」(40代警部補)

 元神奈川県警刑事の小川泰平氏がいう。

「防犯カメラやスマホ、SNSの発達でコミュニケーション能力が要らない捜査が増えたのは事実。“安定の公務員になりたかっただけ”という若者も多くなっている」

“相手を傷つけずに確保”が日本式。

「取り締まりや検挙時に少しでも手荒な言動があれば広聴(苦情申し立て)が入り、処分されることもある。定年まで問題を起こさないのが組織にとって“良い警察官”である以上、若手が大人しくなってしまうのは仕方のない面もある」(50代警部)

“優しいおまわりさん”が増えたのは、日本が平和な証ともいえるだろう。

※週刊ポスト2020年7月24日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング