接客新用語?「お値段は~のかたちになっております」に唖然

NEWSポストセブン / 2012年12月7日 16時0分

 コンビニ等で「~円からお預かりします」という言葉が散見されるようになって久しい。われらの社会には他にも「ひっかかる言葉」がある。作家の山藤章一郎氏が、OL2人の会話に耳を傾ける。

 * * *
 A子が叫んだ。「あたし、課長にコピー頼まれて、『いいですよう』っていったら、『てめえ、そんな返事があるか。分かりましただろ』って、わけわかんない」

 B子:「ほんとあの課長。『あれ、どうなった?』って訊くの。『だからぁ、先週送りましたっていったでしょ』と答えたら『きみ、だからぁは、ないだろ。先週送りましたので、ご安心ください、とかいえよだって』馬鹿みたい」

 11月、金曜の某夜。

 東京駅前の新丸ビル・レストランフロアーで、新宿の裏路地に迷い込んだと錯覚した。暗い廊下、古臭い看板の下、ビールケースのテーブルで、サラリーマン、OLがデフレ酒をあおっている。

 われらふたり連れの隣りの席。界隈の勤めらしき40代初めかA子B子の会話が耳を搏つ。モツ煮をつまみながらA子が「あたし、イラっときた」と上司に反発したのがきっかけだった。

 ふたりはそれから、おのれのことは棚にあげ、「最近のイラっと言葉」を、箸を振りまわしながら槍玉にあげた。

「あたし、塗るつけまつげ買いにいったの。『カード使えますか』って訊いたら、『使えますけど』って。この『けど』ってのはナンナノよ」

「コンビニでいつも言われてイライラするのと、似てるかな。『こちらでよろしかったですか』って。ヨロシクねえよ」

「で、あたし、タグの値段見えなかったから『いくらなの?』って。したら店員『お値段は××のかたちになっております』って。ナンナノ? その、かたちって」

※週刊ポスト2012年12月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング