バイデンの相棒になったハリスが握る「トランプの事件」

NEWSポストセブン / 2020年8月14日 16時5分

初めてのそろい踏み会見でも、主役はハリス氏だった(AFP=時事)

 民主党大統領候補ジョー・バイデン氏のランニングメイト(副大統領候補)がカマラ・ハリス氏に決まり、17日には民主党大会が開かれて、正式に両名が選出される。世論調査ではトランプ大統領を大きくリードして順風満帆に見えるが、ここからがアメリカ大統領選挙の「仁義なき戦い」である。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏の元に、共和党の中枢から興味深い「スキャンダル情報」が寄せられた。

 * * *
 大統領選挙の候補を決める党大会のスターといえば、普通は大統領候補となるバイデン氏だが、今回は、副大統領候補となったハリス氏が主役になることは間違いないだろう。オバマ政権で副大統領を務め、今回の大統領選挙でも早くから最有力候補といわれていた(実際は予備選前半で大苦戦したが)バイデン氏は、政治家としても大統領候補としても新鮮味に欠けるのである。ライバルであるトランプ大統領は、「Sleepy Joe(寝ぼけたジョー)」とあだなをつけて挑発している。彼は峠を越えた政治家だと見ている人が多いことを突いた、さすがのネーミング・センスである。

 トランプ大統領は、ハリス氏が副大統領候補に決まった瞬間、対抗するため自ら記者会見を開いた。それも2回行った。ハリス氏がメディアで取り上げられる時間を少しでも減らすためである。たかが副大統領候補のためにそこまでしなくてもよいのでは、と筆者は少し驚いた。それだけハリス氏の若さと行動力、未知の動員力を恐れていることの表れだろう。

 その直後、古い友人で共和党のコンサルタントを務めたK氏と話した。彼にとってはトランプ氏の対応は意外ではなかったようだ。「トランプ大統領は、ハリス氏が副大統領候補になることを最も恐れていた。なぜなら、バイデン氏はキャンペーン能力があまりなく、支持率でリードされていても最後は倒せると信じていた。攻撃すればすぐ慌てて興奮して反論する。トランプ氏にとっては扱いやすい相手だった。しかし、ハリス氏は頭も良く、検事として活躍した人物なので、人を被告席に座らせて罪人にするコミュニケーション能力に長けている。尋問がうまく、いろいろ弱点のあるトランプ氏にとっては手強い相手になる」と言うので、「ロシア疑惑でトランプ氏は追及を受けたが、特別検察官からも議会からも逃げ切り、弾劾を交わしたではないか」と反問したところ、「とんでもない。まだ公になっていない事件がある」と言うのである。検察人脈、司法人脈の豊富なハリス氏は、それを知り尽くしているのだという。それが事実なら、テレビ討論が楽しみである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング