男性の約6割が40代以上の女性に「現役として魅力を感じる」

NEWSポストセブン / 2012年12月7日 16時0分

 実年齢よりはるかに若い見た目を維持する「美魔女」ブームを皮切りに、かつては一括りに“おばさん”扱いだった40代・50代女性を取り巻く環境が変化している。スキンケアシリーズ『米肌~MAIHADA~』などを製造・販売するプロビジョンが、30~50代女性4700人に行った「現役年齢に関する意識調査」によると、「10年前と比べて、実年齢よりも若々しい女性が増えていると思いますか?」という質問に、93%が「思う」と回答。

「現在の女性の“現役年齢”は何歳までだと思いますか?」の問いに対し、平均は「56歳」になり、都道府県別では「長野県 59.5歳」「山梨県 58.5歳」「兵庫県 58.3歳」と、ほぼ還暦の年代であっても“女性として現役”という結果となった。

 同調査では20代・30代男性300人にもアンケートを実施。「40代以上の女性に対して魅力を感じたことがありますか?」には、58%が「ある」と回答。「最近の40~50代の女性を見て、年齢を重ねても、女性として“現役”である人が増えていると感じますか?」という質問には、63%の男性が「そう感じる」という結果で、昨今の40代・50代女性の人気が一過性のブームにとどまらない傾向であると感じさせる。

『米肌~MAIHADA~』のオンラインショップでは、同調査の結果をマンガテイストなビジュアルを交えたコンテンツで紹介。上記のほか「見た目の若々しさをチェックするポイントはどこですか?」「女性の魅力を判断する上で、“肌年齢(肌の見た目年齢)”と“実年齢”では、どちらをより重視しますか?」など、女性にとって気になる調査結果となっている。

 ベストセラー新書のタイトルでもある「人は見た目が9割」が、最近よく言われる。しかし女性の美しさや若々しさといったポイントに関しては、仕草や話し方という要素があるものの、それを含めて“ほぼ100%見た目”の範疇だ。

「見た目重視」というと、やや印象が悪いけれど、昔は年齢という数字に縛られていた。それが“肌年齢”や“見た目年齢”といった個々の努力によって、ある程度克服可能な要素が重視されるようになり、女性は年齢を自らを縛る“くびき”から、単なる記号へと変化させることができるようになった。そう考えると「見た目重視」も、エイジングには前向きな要素なのかもしれない。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング