明日の国民的女優たち 山之内すず他次世代ヒロイン4人

NEWSポストセブン / 2020年8月26日 7時5分

山之内すずは『ヒルナンデス』などにも出演

 いつの世も、次世代のヒロインたちは見る者を爽やかな気持ちに変えてくれる。9月15日発売予定の『NEXTGIRL図鑑2020-2021』(玄光社)から4人を紹介しよう。

【山之内すず】やまのうち・すず

 2001年生まれ、兵庫県出身。2018年にInstagramに投稿されたサロンモデル写真を見かけた現事務所スタッフにスカウトされ翌年デビュー。SNSフォロワー数は93万人を超える。

「昨年秋より『ヒルナンデス!』など情報バラエティ番組を中心にお仕事をさせていただいています。今年11月公開の映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』にも出演させていただき、今後は演技のお仕事にもチャレンジしていきたいです」

【箭内夢菜】やない・ゆめな

 2000年生まれ、福島県出身。2017年に応募者6000人の中から「ミスセブンティーン2017」グランプリに選出。その後、テレビドラマや映画にも立て続けに初出演を果たす。

「今はファッション誌『セブンティーン』専属モデルもさせていただいています。つい最近、ドラマ『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系)でクセの強い役をやらせていただきました。今後は女優としてもっとお芝居の幅を広げていきたいです!」

【大森莉緒】おおもり・りお

 2001年生まれ、愛知県出身。2017年より女性アイドルグループ「ラストアイドル」に加入し活動を開始。去年出演した舞台『13月の女の子』の映画化が決定。

「いまはラストアイドルを中心にアイドル活動をしています。企画で殺陣の練習をしているのですが、今後はモデルや女優など活動の幅を広げていきたいです。アイドルとしても大きなステージに立てるように頑張りたいです!」

【中井友望】なかい・とも

 2000年生まれ、大阪府出身。オーディションプロジェクト「ミスiD 2019」で約3500人の中からグランプリ受賞。ミスiDデジタル写真集『風の足跡』が発売中。

「今年は初めてのテレビドラマ、映画、舞台ととても大切な経験をさせていただきました。これからも様々なお仕事に挑戦してたくさんのことを吸収し、女優としても人としても成長したいです!」

※週刊ポスト2020年9月4日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング