周庭さん 中島みゆき『糸』を熱唱し万雷の拍手浴びた夜

NEWSポストセブン / 2020年8月31日 16時5分

歌唱力も抜群(時事通信フォト)

 都内のカラオケ店で、“香港民主化の女神”の伸びやかな歌声が響いた夜のことを、本誌・週刊ポスト記者は鮮明に覚えていた──。

 8月10日、国家安全法違反容疑で逮捕された香港の民主活動家・周庭(アグネス・チョウ)氏(23)は、翌日保釈されるとメディアの前でこう話した。

「取り調べ中、欅坂46の『不協和音』の歌詞がずっと頭の中に浮かんでいました」

 15歳から民主化運動に参加し、2014年の雨傘運動で注目を集めた彼女は、アニメを始めとする日本文化を愛し、独学で日本語をマスター。

「現在は政府にパスポートを没収されており、行動にも制限が加わっていますが、彼女は苦しい時はいつも日本の歌を歌って前を向いてきたそうです」(周氏の知人)

 そんな周氏の歌声を本誌記者が実際に聞いたのが、昨年夏のある日の夜のことだった。

 来日した周氏は、香港デモの民主派側の代弁者として記者会見を連日こなし、帰国前日に本誌記者を含む数人と食事後、二次会でカラオケへ。大好きなアニメソングなどを熱唱したあと、最後に選んだのが中島みゆきの『糸』だった。

 アニソンを歌う時の甘い声とは打って変わり、しっとりとした声で歌い上げる。発音も完璧だ。

「歌詞の映ったモニターをじっと見つめながら、丁寧に歌っていました。香港の民主化を支えてくれる人たちのことを想って歌っているのかなと思いました」(本誌記者)

 最後のフレーズを語りかけるように歌うと、「終わりです」と照れながらマイクを置いた。

「同席者からは自然と拍手が沸き上がりました。本当に上手かった」(同前)

 最近は昭和歌謡に興味があり、中森明菜を歌うこともあるという。

 周氏が逮捕された国家安全法違反は、今後起訴されると即収監され、有罪ならば最高で無期刑の可能性もある。日本では『糸』をモチーフにした映画が公開中だが、周氏が落ち着いて観られる日は来るか。

※週刊ポスト2020年9月11日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング