救急搬送された加山雄三 「卒婚」した妻は同居を前提に帰国

NEWSポストセブン / 2020年9月2日 16時0分

卒婚した妻と同居中という加山雄三

 8月29日夜、誤嚥を起こして嘔吐するなどして救急搬送された加山雄三(83才)。その後、軽度の小脳出血を起こしていたことがわかった。現在、容体は安定しているというが、引き続き治療を受ける必要があり、当面、芸能活動を休止するという。

 関係者らが体調以外にも心配していたことがある。それは、加山のプライベートだ。加山は、長年連れ添った妻と2014年に“卒婚宣言”をしている。妻で元女優の松本めぐみさん(73才)は、1年の半分以上をアメリカ・ニューヨークで暮らし、事実上の別居状態にあった。

「加山さんとめぐみさんの結婚生活は波乱続きでした。映画での共演をきっかけに結婚後、加山さんの叔父が経営するホテルが倒産し、連帯保証人だった加山さんは数十億円もの借金を背負いました。それを完済し、都内の高級住宅街に豪邸を建てたのですが、バブル絶頂期の1990年、新潟に総工費100億円ともいわれるスキー場『加山キャプテンコースト』を開設。これが大赤字で再び借金を背負い、自宅を手放さざるを得なくなったんです」(加山の知人)

 幸いにも、売却先の好意で自宅にはそのまま賃貸住まいできたというが、そんな波乱万丈の加山の人生をそばで支え続けてきたのがめぐみさんだった。それゆえ、おしどり夫婦の卒婚に「ついにめぐみさんが愛想を尽かしたか」ともいわれたが、夫婦関係が修復していたことが、今回の救急搬送で判明した。

「実はいま、加山さんとめぐみさんは再び一緒に暮らしているんです」と語るのは、加山の知人だ。近年の体調の変化は、加山の生活を大きく変えていた。昨年の暮れ、加山は長年住み慣れた豪邸から自立型ケアハウスに引っ越していたのだ。

 自立型ケアハウスとは、食事、掃除、洗濯などの生活支援サービスがついた高齢者向け住宅のこと。「ひとりで住むには不安があるが、介護が必要なほどではない」という人にとって、生活の支援を受けながら自立した暮らしが送れるというメリットがある。

「時期的に、脳梗塞から退院してすぐに引っ越したのでしょう。脳梗塞は幸い軽度だったので自力で病院に行くこともできましたが、もしも倒れてそのまま意識を失っていたら、どうなっていたかわかりません。それを誰よりも心配していたのは、めぐみさんなんです」(加山の知人)

 今回、119番通報したのも、めぐみさんだった。

「ケアハウスに引っ越すタイミングで、めぐみさんも帰国しています。病気が後押しする形でまた一緒に住むことになり、今回の救急搬送では、それが功を奏した形になりました。加山さんとめぐみさんは、『この自立型ケアハウスが、自分たちの“終の棲家”だね』なんて話しているそうですよ」(前出・加山の知人)

 加山の所属事務所もめぐみさんとの同居を認め、「一時的なものではなく、今後もふたりで暮らすことを前提で帰国しています」と、明かした。“卒婚期間”を“卒業”して、再びともに暮らすことを選んだふたり。それも、新たな夫婦の形なのかもしれない。 ※女性セブン2020年9月17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング