猿之助の『半沢直樹』出演 いとこ香川照之の「恩返し」か

NEWSポストセブン / 2020年9月7日 7時5分

市川猿之助と香川照之の掛け合いは「名コンビ」話題に

 前作(2013年)を上回る高視聴率を続けているドラマ『半沢直樹』(TBS系・日曜21時~)。今作からの合流組では、賀来賢人(31才)の活躍も光る。すでに女優・賀来千香子(58才)の甥という説明がいらないほど、俳優としての実力をつけた彼は、半沢の後輩としてIT企業の買収で重要な役回りを務めている。

「『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で小中学生から大人気を博した賀来さんは、『子供も一緒に家族で楽しめるように』と今回、キャスティングされたのでしょう。8月末に、妻の榮倉奈々さん(32才)の第2子妊娠が発表されました。現場では堺雅人さん(46才)といつも子供の話をしているので、これからもますます盛り上がるでしょう」(ドラマ関係者)

 その賀来は、若手実力派俳優の中でも、中心的存在だという。

「柄本明さん(71才)の息子の柄本時生さん(30才)や、中野英雄さん(55才)の息子の仲野太賀さん(27才)と親しい。実は、賀来さんは世田谷育ちのおぼっちゃんでもあります。小中高は『暁星学園』に通っていました」(テレビ局関係者)

 暁星は、東大への合格者も多数輩出するカトリックの名門男子校。

「実は、このドラマで半沢の上司を演じる北大路欣也さん(77才)、香川照之さん(54才)、市川猿之助さん(44才)も、暁星出身です。ドラマでは合併後の銀行内の派閥がテーマの1つになっていますが、現場では暁星閥があったんですよ(笑い)」(別のテレビ局関係者)

 暁星閥を構成する2人、香川と猿之助はいとこ同士だ。

「猿之助さんの参加は、香川さんの猛プッシュがあって決まったといわれていますね。そんな香川さんの今作での決めせりふは『施されたら施し返す。恩返しです』。猿之助さんは、父親に冷遇されていた香川さんの歌舞伎への参入を応援し、手を差し伸べた人なのです。そうした背景を知っていると、猿之助さんの抜擢は、香川さんからの『恩返し』のように見えます」(舞台関係者)

 この2人のほかにも、片岡愛之助(48才)や尾上松也(35才)といった歌舞伎役者が多く、歌舞伎を彷彿とさせる顔芸やせりふ回しを思う存分発揮している。歌舞伎の興行主である松竹も、この半沢ブームを逃すまいとしている。

「松竹では歌舞伎解説でおなじみの音声ガイドが、公式ツイッター内に『#半沢歌舞伎』というコーナーを作り、半沢直樹に出ている役者が見られると大々的にキャンペーンしています」(前出・舞台関係者)

 前作の最終話は最高視聴率42.2%を記録した。更新なるか。

※女性セブン2020年9月17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング