ペットロスにならない「5つの考え方」と「3つの行動」

NEWSポストセブン / 2020年9月8日 7時5分

藤原さんは8年前に松本さんがプロデュースした『わんちゃんと一緒に行くバスツアーin八ヶ岳』にシーズーのひなちゃんを連れて参加した

「ペットなしでは生きていけない!」──。常日頃からそう考えている人も多いだろう。でも、もしも愛するペットを亡くしたら、どうやって喪失感と向き合えばいいのだろうか。想像するだけでも胸が苦しくなってくる…。

 そんなペット愛好家のために、ペットの死と向き合い自分たちの気持ちを話し合う「私は一生ペットロスペットロス宣言座談会」というものがある。

 創設したのは、『ペット大集合!ポチたま』(テレビ東京系)の「ポチたまペットの旅」でラブラドール・レトリーバーの「旅犬」とともに全国を回った、タレント・ドッグトレーナーの松本秀樹さん。初代「まさお」くんは7才で悪性リンパ腫により他界し、2代目の「だいすけ」くんは6才のときに胃捻転で亡くなった。

 ペットを喪失した悲しみからは立ち直ることができなかったが、こうした喪失感を共有する場があるとよいのでは…と考え、始めたのが「私は一生ペットロスペットロス宣言座談会」だ。

心ない言葉や空気に傷ついている人は多い

 そんなペットロス座談会に参加し、「悲しみはあるけど、心が晴れた」と語るのが藤原和恵さん(55才)だ。藤原さんは昨年8月にミニチュアダックスフントの「ちゅら」ちゃん(メス)を亡くした。

「亡くなる3日前まではご飯もたくさん食べて飛び回っていたのに、急に食欲が落ちて息づかいが荒くなりました。あわてて病院に連れていくと肺炎と診断されました」(藤原さん・以下同)

 容体は2日後に悪化。藤原さんがあわてて抱き上げると、腕の中で力が抜けていったという。

「何が起きたかわかりませんでした。目は半開き、口から泡を吹いていました。鼓動を感じなかったので『ちゅらちゃん! まだ逝かないで』と言って泣きながら病院へ向かいましたが、間に合いませんでした」

 ちゅらちゃんは保護犬だったため推定13才。藤原さんとの生活は7年半だった。

「これまで、老衰で亡くなったシーズーのぺろちゃん(享年16)、がんで闘病したシーズーのひなちゃん(享年13)を看取りましたが、看病もできたし、穏やかに亡くなったので満足感がありました。でも、ちゅらは具合が悪くなってからたった2日。そんな急に旅立つなんて思いもしませんでした」

 悲しみと喪失感に襲われた藤原さんは、ただ眠っているように見える亡骸を見つめながら「なんで起きないの?」と何度も語りかけたという。

 そして、その1か月後にペットロス座談会に参加した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング