King Gnu井口理の優しいまなざし スタッフも魅了する人柄

NEWSポストセブン / 2020年9月20日 16時5分

姿を見せた人気バンドのメインボーカル

 昨年のNHK紅白歌合戦にも初出場した4人組ミクスチャーバンドKing Gnu。その代表曲『白日』は、今や幼稚園児から高齢者までカラオケで歌っているというほどの大ヒットソングになった。7月中旬の都内のラジオ局から出てきたのはメインボーカルの井口理(26才)。カジュアルな服装で、トレードマークのメガネをはずして、優しいまなざしを披露した珍しい瞬間だ。

 紅白歌合戦で披露した『白日』のミュージックビデオは、公式YouTubeで再生数2億回を超えた。音楽関係者は「井口さんは、“芸術界の東大”といわれる東京藝術大学の音楽学部声楽科卒業。テノール歌手として高い音域を見事に歌いこなす実力派ボーカリストでいながら、ユーモアなトークも好評で、今年4月までは『オールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティーも務めていました」と話す。今年1月に発売した3rdアルバム『CEREMONY』も大ヒット中だ。

 そんな井口とともに同バンドを引っ張るのは、プロデューサー兼リーダーで、井口とは長野県の公立中学の合唱部で先輩後輩の間柄だったギタリストの常田大希(28才)。やはり東京藝大音楽学部器楽科でチェロを専攻していたチェリストでもありながら、キーボードやインドの弦楽器シタールまで何でも演奏する“天才”と呼ばれている。

 そんな華麗な経歴の2人だが、実は彼らの実兄もすごいという。常田の2才上の兄・常田俊太郎氏は、東大工学部を卒業し、バイオリニストでありながらIT企業社長。アーティスト支援のためのコミュニティアプリ「Utoniq」を運営しながら、バイオリニストとしてKing Gnuなどにも参加している。

「井口さんの2番目のお兄さんも、東京藝大を卒業してバリトンの声楽家として海外で活躍中です。2人とも、まさに音楽の才能に溢れた兄弟です。そんなエリートで押しも押されもせぬヒットメーカーなのに、井口さんも常田さんも周囲のスタッフに気遣いを忘れない方だから、一緒に仕事した人は一気に彼らの人柄に魅了されてしまうそうです」(前出・音楽関係者)

 冒頭のシーンでも、周囲のスタッフと笑顔で談笑していた井口。これからも溢れる才能を届けてくれることだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング