進化する高速道路のSA・PA コロナ禍でもリニューアル着々

NEWSポストセブン / 2020年9月19日 7時5分

人気店が集まり、まるで駅ナカ施設の「pasar(パサール)」

 コロナ感染拡大に伴う人の移動制限が徐々に解除され、9月19日から始まる4連休は久々にクルマで遠出を予定している人も多いだろう。いま、高速道路にあるSA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)は、単なる休憩ポイントではなく、敢えて立ち寄りたい人気スポットになっている。そんなSA/PAの進化の歴史と新潮流について、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 高速道路にあるSAとPAには、レストランやフードコートが用意されています。最近では、どこのSAやPAにも、独自の凝った料理が用意されていますが、20年も時代をさかのぼれば、まったく状況が変わります。

 その昔の高速道路のSA/PAの料理は、どこに行ってもメニューと価格は同じで、さらに味までも同じだったのです。なんとなく同じではありません。定期的に検査が入り、厳格に味が統一されていたのです。これは、当時のSA/PAは日本道路公団という公的機関、つまりお役所が運営していたのが理由です。

 彼らとしてみれば、「全国、どこで利用しても均一。平等なサービスを提供する」という考えがあったのです。確かに、まだまだ自家用車が珍しい存在で、高速道路の利用もスタートしたばかりの時代には、そうした均一なサービスが求められていたのでしょう。しかし、バブルの好景気時代を経て、人々の舌が肥えてくればニーズも変化します。

 そんな日本道路公団に一大転機が訪れたのは、2005年の民営化です。ここで方針は一転。民間らしく、SAやPAごとに個性を出して競争しようとなったのです。ここから、徐々に食事の質は高まってゆきます。毎年のようにSAとPAの料理コンテストが開催され、料理人やスタッフのモチベーションも高まります。さらには、有名チェーン店やコンビニなどの参入も相次ぎ、気が付けば今のような大盛り上がりのSA/PAができあがってきたのです。

 そして競争が激しくなれば、当然のように個々のSAに個性を持たせるような傾向が強まるもの。その代表格と言えるのが、ほぼテーマパークと言える「鬼平江戸処(東北道・羽生PA上り)」と「寄居 星の王子さまPA(関越道・寄居PA上り)」でしょう。

 それぞれ「鬼平犯科帳」と「星の王子さま」という大人気小説をテーマにしており、凝った建物やグルメが用意されています。あまりの人気の高さに、常に混雑しているのが玉に瑕ですが、一度は覗いてみることをお勧めします。なんていっても無料ですからね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング