広島テレビ・馬場のぶえアナ 「巨人を応援」で浴びた洗礼

NEWSポストセブン / 2020年9月24日 16時5分

広島テレビ放送・馬場のぶえアナ

 広島テレビ放送で、新人時代から夕方の情報ワイド番組を3度の育休を取りながら20年以上にわたって担当する馬場のぶえアナ。今年3月に発売された実母の介護体験を綴った著書は広島県内でベストセラー入りするなど名実ともに県の“顔”だが、意外にも福井県出身。そんな“外様”である馬場アナには苦い思い出があった。

 * * *
 忘れもしない入社1年目の夏、日テレ系列の地方局にとっての大仕事『24時間テレビ』の募金会場でのことです。中継が入っていないトーク中にプロ野球の話題でとんでもない大失敗をやらかしてしまいました。

 現場で司会を務める先輩アナから「馬場さんは広島出身ではないですがプロ野球はどこのファン?」と聞かれて、何気なく「大学が東京で周りがほとんど巨人ファンだったので、一緒に応援していました」と言ってしまったんです。

 その瞬間、広島の特設ステージの客席がシーンと静まり返り、雰囲気が一変したんです。皆さんの“心のシャッター”がたしかに閉まるのを感じました。先輩が取り繕うように「広島の好きな場所は?」と話題を変えたので「瀬戸内海が穏やかで好きです」と言ったら、目の前の酔っ払いのおじ様から「広島といえば平和(記念公園)だろ!」とヤジられ、「瀬戸内海のどこ?」の問いにうっかり「浜田」と答えたら「それは日本海!」とサンザンでした。

 あの時に受けた洗礼で、広島では冗談でも巨人ファンなどと言っては「生きづらい」と実感しました。今では広島歴23年で、身も心も完全に赤く染まりました!

 その年に夕方の情報番組『柏村武昭のテレビ宣言』のアシスタントになれたのは幸運でした。看板番組に右も左もわからない新人アナを起用するなんて、広島テレビは勇気ある会社だと思います(笑い)。

 当時の思い出は「千枚漬け」を“4枚漬け”と読み間違えて柏村さんに怒られるのではなく「面白い!」と笑われたこと。大事なのは失敗の後の飾らないリアクションだと教わりました。

 後に参院議員にもなられた柏村さんは本音でズバズバ話すので会社からは「ブレーキ役に徹するように」と言われていました。今考えると大したブレーキにはなれませんでしたが、私が番組で故郷・福井の話をすると、柏村さんは興味深く聞いてくださり、視聴者の方にも「福井からよぅ来たねぇ」と温かく受け入れていただきました。

 気づけば福井より広島生活が長くなりました。今後も自然体をモットーに頑張ります!

【プロフィール】

ばば・のぶえ/1975年生まれ、福井県出身。同局の看板番組『柏村武昭のテレビ宣言』以降、同時間帯に出演、現在も『テレビ派』を担当。今年3月に自費出版した『ドタバタかいご備忘録』は県内の数多くの書店で週間ベストセラー入り。

取材・文■河合桃子

※週刊ポスト2020年10月2日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング