「豊胸かどうかを見分けるには二の腕を見よ」と元キャバ嬢談

NEWSポストセブン / 2012年12月17日 16時0分

 クリスマスが近い。サンタクロースのコスプレに身を包んだキャバクラ嬢たちにお目にかかれる季節がやってきた。歓楽街を歩く足どりも、自然と軽くなる。

 そんなキャバ嬢たちの宣材写真を見ると、しばしば目に留まる“あるもの”に違和感を覚えることがある。華奢な体系にそぐわぬ豊満な胸元だ。なんだかバランスがおかしい。

 女性ならば“寄せて上げる”くらいのことはしているだろう。とはいえ、ここまで大きな谷間ができるものだろうか?

 どうしても気になって仕方がないので、六本木の会員制キャバクラで働いていた、もきゅさん(23歳)にインタビューを敢行。キャバ嬢の胸事情について聞いてみた。

──働いていて、キャバ嬢仲間の胸元が気になってことはある?

「身体のバランスとあり得ないような胸の子もいるよね。デカすぎて、これ何? っていうレベルの子とか。こんな枯れた木にこんな実るわけないって(笑)」

──本物とニセモノの見分け方はある?

「やっぱり身体のバランスから見分けるのが良い。二の腕がちょっと太い子はナチュラルにおっぱいが大きい子。でも二の腕が細いのに、胸だけ異様に大きいのは絶対(豊胸手術で)入れてる。二の腕の脂肪を吸引して胸に入れてるパターンも多いからね」

──別に世の男性全員が大きな胸が好きなわけじゃないし、わざわざ入れなくてもいいのに、なんて思っちゃうんですが。

「顔が可愛くない子って、たいてい胸の大きさで売ってるよね。だから豊胸するのも生き残るためには必要なんだと思う。年齢的には26歳くらいが多いかな、って感じだから先も不安だと思うし。女の子が評価される場合って、やっぱり圧倒的に肉体っていうコンテンツ勝負のところあるから、しょうがないんじゃないかなぁ」

──もきゅさん自身は、キャバ嬢やっていて胸の問題に突き当たったことある?

「私は(胸が)大きくも小さくもないから、そこで勝負しようと思わなかった。代わりにアニメ声で、ぶりっ子して売ってた。胸のことといえば、ドレスの下のヌーブラが肌に合わなくて、真っ赤にかぶれちゃったことがある(笑)。それが最悪な思い出かな……」



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング