木梨憲武「アラ還に見えない」 仕事を楽しむライフスタイル

NEWSポストセブン / 2020年10月12日 7時5分

木梨憲武の堂々たるオシャレ姿が目撃された

 芸能界でも屈指のオシャレとして知られる、とんねるずの木梨憲武(58才)が9月中旬、都内のラジオ局に現れた。この日のトップスも、普通の白のワイシャツにみえるが、左わきには英語の文章が縦にプリントされたブランドモノ。多くの芸能人を手掛けるベテランスタイリストは「木梨さんには、テリー伊藤さん、木村拓哉さんと同じスタイリストがついているんです」と明かした。

「木梨憲武のスタイルを見つけてくれたのは、大久保さんといっても過言ではない」

 木梨が、そう語るほど全幅の信頼を寄せるのが、有名スタイリスト大久保篤志氏だ。前出のベテランスタイリストは「木梨さんがハイブランドもストリート系ブランドも上手に着こなすのは、間違いなく大久保さんの影響」とも話した。

 実家の自転車店の屋号「木梨サイクル」を使ったオリジナルブランドでも数々のグッズを販売しており、パーカーやTシャツ、キャップはすぐに売り切れるほどの人気だ。

 今年は、相方の石橋貴明が「1年やってみてダメなら引退」と、背水の陣で始めたYouTubeがブレイク。大物ユーチューバーとして、趣味のスポーツを絡めた配信で、見事に成功を収めた。一方、9月13日のYahoo!ニュースのインタビューでは、2018年3月で長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したときに「とんねるずは死にました」と、お笑いコンビとして終わったと感じた心境も明かして、話題になった。

 ただ、その石橋が「天才」と称する相方・木梨は、そんな浮き沈みに心ざわつかせることもなく「昔も今も、一貫して飄々と生きていらっしゃる」(テレビ局ディレクター)。

 最近も、スマホのCMで共演した指原莉乃(27才)に、撮影現場で「一緒に歌おうよ」と声をかけ、そのまま木梨の旧友で、指原の育ての親の秋元康氏(62才)に連絡。この日のラジオ番組では、その2人と新曲が完成したことを発表した。

 前出のテレビ局ディレクターは「木梨さんは、ファッションと同様に、仕事も自分が楽しめることを気の向くままにやるスタイルです。もうすぐ還暦には見えません。その姿勢は、我々がコロナ禍でも楽しく生活するための参考になるかもしれません」と話している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング