『ドクターX』視聴率急上昇の裏に、米倉涼子の亡き父との誓い

NEWSポストセブン / 2012年12月16日 7時0分

 米倉涼子(37才)が主演するドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、最終回直前の第7話(12月6日放送)で、視聴率20.2%を記録し、大きな話題となっている。

 ヒロインは、組織に属さず、腕一本で渡り歩くスーパードクターの大門。その過去や私生活は、いまだ謎に包まれているが、町医者で患者のために生きた父への思いから、医師を志した過去が明らかになってきた。父への誓い──それは、米倉自身ともリンクするものだ。米倉が父(享年57)を肺がんで亡くしたのは2005年11月のことだった。

 厳しい世界で頑張る娘を、いつもいちばん近くで応援してくれた父。

「涼子ちゃんが出るドラマが放送される日は、仕事を早めに切り上げて帰ったりもしていました」(米倉家を知る人)

 そんな父の最期を看取った米倉の悲しみは大きく、仕事をキャンセルしなければならないほどだった。しかし彼女は、自分の仕事を愛してくれた父のためにこう言って奮起した。

「大好きだった父は今も私の中で生きています。そしてこれからも私を励ましてくれると思う」

 そこからの活躍はいうまでもないが、初舞台『黒革の手帖』(2006年)が大成功を収め、2011年はミュージカル『CHICAGO』でブロードウェーデビューも果たした。

「涼子ちゃんはその楽屋に、お父さんの写真を飾っていました。何か楽しそうに話しかけることもあれば、神妙な顔でじっと見つめていることもありましたよ」(舞台関係者)

 大事な仕事のときは、そうやって必ず父親の写真を現場に持って行くという米倉。『ドクターX』の視聴率がぐんぐん上がったのも、彼女にそんな強い味方がいるからなのかもしれない。

※女性セブン2012年12月27日・2013年1月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング