次々と起きる不幸 4月2日に開場する「新歌舞伎座の怪」

NEWSポストセブン / 2012年12月17日 16時0分

 東京・東銀座にある歌舞伎座では、2013年4月2日のリニューアルオープンに向けて、クレーン車や作業員が慌ただしく工事を進めている。ブルーシートに覆われているものの、すでに外装工事は終了し、現在は内装工事が行われているようだ。

 関東大震災や東京大空襲などで焼失したこともあり、今度で五代目となる新歌舞伎座だが、周辺で働く人々からは、こんな声が聞こえてくる。

「これだけ不幸が続くんだったら、建て直さなければよかったのに…」
「4月2日という日取りがよくないね…。“死に目”じゃない!? それに2013年でしょ。不吉な数字が並んでるのがね、気になるよね…」

 2010年4月の公演を最後に閉館した四代目歌舞伎座。以降、歌舞伎界では思わぬトラブルや不幸が続いている。

 2010年10月に工事が始まった直後の同年11月に起こったのが、市川海老蔵(34才)の殴打事件。翌2011年1月には、人間国宝・中村富十郎さん(享年81)が、直腸がんのため、亡くなっている。

 また同年10月には、こちらも人間国宝で、勘三郎さんの義父でもある中村芝翫さん(享年83)が肝不全のため、この世を去っている。

 さらに今年2月には、人間国宝・中村雀右衛門さん(享年91)も亡くなっており、歌舞伎界の巨星たちが新歌舞伎座に立つことを願いつつも、相次いで人生の幕を引いている。

 凶事はさらに続き、今年8月には、市川染五郎(39才)が、公演中に舞台から3m下の奈落へ転落、右手首骨折などの大怪我を負うという事故が起きた。

 そして極めつきとなった、中村勘三郎さんの早すぎる死──。新歌舞伎座の完成まであと4か月、これ以上、悲しいでき事が起こらないことを祈りたい。

※女性セブン2012年12月27日・2013年1月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング