BTSの中国炎上騒動は「大山鳴動」、人気を証明しただけ

NEWSポストセブン / 2020年10月17日 16時5分

朝鮮戦争に言及したことで波紋を呼んだBTS(写真/GettyImages)

 今年、米ビルボードチャートで韓国人アーティストとして初の1位を獲得した韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の、朝鮮戦争に関する発言が中国で波紋を広げている。中国国民による激しい反発が起き、BTS関連製品の不買運動や一部の中国のBTSファンがSNSなどを通じて“謝罪”する騒ぎにまで発展しているが、中国の経済、社会に詳しいジャーナリストの高口康太さんは、「むしろBTS人気が印象づけられた」と指摘する。

 * * *
 BTSは2013年にデビューした7人組の男性アイドルグループ。米ビルボードのトップ・ソーシャル・アーティスト賞を2017年から4年連続で受賞するなど世界的な人気を誇る。所属事務所のビッグヒットエンターテイメントは10月15日、韓国取引所に新規株式公開(IPO)すると、時価総額11兆ウォン(約1兆円)を記録するなど、まさに今勢いに乗りまくっているアーティストだ。

 そのBTSが中国で“炎上”事件を引き起こしたという。事の発端は、10月7日に行われた「”2020 Van Fleet Award」授賞式でのBTSメンバーの発言。米民間非営利団体(NPO)の「Korea Society」は、米韓関係の発展に寄与したとしてBTSにVan Fleet賞を贈った。その際、メンバーのRMが「朝鮮戦争70周年に受賞したことに特別な意味を感じる。米韓両国が共に経験した苦難の歴史、多くの男女の犠牲を永遠に記憶しなければならない」と発言し問題視された。朝鮮戦争には中国人民志願軍も参戦した。135万人もの中国兵が戦い、11万人が命を落としたとされる。「米韓両国の犠牲だけを記念して、中国人の犠牲を無視するとはどういうつもりか」と、中国のネットユーザーから怒りの声が上がったのだ。

 中国SNS大手の微博(ウェイボー)では、「BTS」がホットワードランキング1位になったほか、中国外交部の定例記者会見でもこの件について質問があり、趙堅立報道官が「関連報道及び中国ネットユーザーの反応には注意している。お伝えしたいのは歴史を鑑とし、未来に向かって、平和を尊び友好を促進することこそ我々の共同の願いであり、努力に値するべきことだ」と言及する騒ぎとなった。外交部報道官がコメントする、つまりは国際問題にまで発展したわけで、まさに一大事。この騒ぎに韓国の電機大手サムスン電子は、新型スマートフォンの「ギャラクシーS20+ 5G BTSエディション」の中国ネットショップでの販売を中止、韓国大手自動車メーカーの現代(ヒュンダイ)自動車もBTSを起用した広告を一時取り下げるなどの対応に追われた……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング