『恋する母たち』対談 脚本大石静が明かす奇妙な夫婦関係

NEWSポストセブン / 2020年10月24日 7時5分

ドラマ『恋する母たち』の脚本を担当した大石さん

 柴門ふみさんの『女性セブン』の連載マンガ『恋する母たち』が、恋愛ドラマの名手・大石静さんの脚本によりドラマ化(TBS系、毎週金曜22時~)。石渡杏(木村佳乃)、林優子(吉田羊)、蒲原まり(仲里依紗)という3人の母を中心に、「夫との関係」「子育てと子離れ」などを描くこの作品について、柴門さんと大石さんが対談した。まずは、原作を読んだ大石さんは、どの男性がいちばん気になったのかを聞いた。

大石:それはもう、落語家の丸太郎(ドラマ版では阿部サダヲが演じる)。色っぽいです(笑い)。でも漫画を読む限りは、丸太郎の本心がわからない。まりと一発ヤリたいだけなのか、それ以上の気持ちがあるのかが原作からはなかなか読み取れなくて。ドラマでも、1回セックスしたいだけの男という設定からスタートします。

柴門:もともと原作でも当初は、丸太郎はプレーボーイの落語家で、“一発ヤリ太郎”だったんです(笑い)。でも、まりが丸太郎とのセックスを拒否する。それを丸太郎が受け入れたあたりから私の中でもいい男になり始めて……。そのくらい、まりに魅力があったということだと思っています。

大石:丸太郎は“みんな僕が引き受けるよ”ってまりに言いますが、あぁ、一度は男にそんなふうに言われてみたい(笑い)。阿部サダヲさんが演じる丸太郎がまた色っぽいんです。

柴門:早く見たい! ドラマの宣伝番組を見ていて、赤坂(磯村勇斗)もすごくかっこいいと思いました。磯村くんがハマり役ですね。あんなエロい顔ができるんだって。

大石:生意気な感じがよく出てます。

柴門:でも丸太郎みたいな男って、現実にいないですよ。赤坂みたいな男もいない。いるとすれば、杏と子供を置いて駆け落ちする慎吾(渋川清彦)や、まりにバレバレの不倫旅行をする繁樹(玉置玲央)みたいな男。

大石:そうそう、慎吾みたいな甘えた男っていっぱいいますよね(笑い)。繁樹は書いていて、いちばんリアリティーのある男だと思いました。エリート弁護士で収入もよくて傲慢で、外では平気な顔をして部下と遊んでるっていう。

柴門:いますね、妻に全部丸投げで威張ってる繁樹みたいな男(笑い)。

「どんな立場でも恋への欲求は人間の中にある」(大石)

大石:境遇も性格も違う3人のアラフォーの母たちが恋をするように、誰かを好きになりたいという想いは、どんな立場にあろうとも人間の中にふつふつとあると思うんです。母でも妻でも独身でも年をとっても、恋愛への欲求がない人はいないはず。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング