宝くじ運アップ術 「水筒に水入れて売り場に持参を」と風水師

NEWSポストセブン / 2012年12月21日 7時0分

 2012年の年末ジャンボは、金運アップの“龍パワー”を最大限に生かせる最後のチャンス。

 龍の力について詳しい風水師・櫻井禧安さんによれば、風水で龍は「富貴吉祥」(ふうききっしょう)の象徴とされ財運を上げてくれる想像上の生き物で、辰年の2012年に高額当せんを狙うなら、龍の力を取り入れることがおすすめだという。

 辰年の大晦日は、一年を通じた龍パワーのいわば“到達点”。その日に行われる抽せんに向けて、龍パワーを味方につける方法を教えてもらった。

「龍は、春分になると天に昇り、秋分が終わると水の中に帰って暮らすといわれ、水と縁が深い生き物です。年末ジャンボが販売されるこの時期は秋分の後なので、水の中にこそ龍のパワーが眠っているのです」(櫻井さん)

 宝くじを買う時は水筒などに水を入れて持参し、宝くじを保管する時も、水を入れたコップや花瓶などの隣に置いておくのがいいという。さらに櫻井さんは、売り場のある場所に注目してほしいと語る。

「川や池など、水の近くにある売り場には龍の力が宿りやすいんです。特に、噴水など水を循環させている場所ほど、いい“気”がめぐっています」

※女性セブン2012年12月27日・1月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング