【速報】11/30秋篠宮皇嗣「誕生日会見」で見えた「眞子さま結婚」への3つの道

NEWSポストセブン / 2020年11月30日 7時5分

眞子内親王、佳子内親王は皇嗣家の娘として、ますます注目される(時事)

 立皇嗣の礼を経て、皇位継承第1位であることを内外に宣明された秋篠宮皇嗣は、11月30日に55歳の誕生日を迎える。誕生日に合わせて発表される記者会見は11月20日に収録されたが、その席で注目されたのは、長女である眞子内親王の結婚問題だった。婚約が内定している小室圭氏は現在、アメリカで弁護士資格を得るための勉強中だが、結婚問題が暗礁に乗り上げるきっかけとなった一家の金銭問題は解決に至っていない。

『週刊ポスト』(11月27日発売号)では、記者会見の席で秋篠宮皇嗣が「2人に結婚の意思があるのなら、親として尊重する」と語ったことをいち早く報じた。その1週間前には、眞子内親王自らが、小室氏との関係について、お互いに「かけがえのない存在」であり、結婚は「生きていくために必要な選択」であると公言していたから、娘の決意を前に、父としてそれを認めた形となった。

 上記記事では、秋篠宮家の公用車が、皇嗣が使用するものにしては傷が目立ち、秋篠宮家が国民の目を気にして質素な暮らしを貫いているように感じられると指摘している。それについては、記者会見で皇嗣の口から、自身の立場についての考えが語られていた。

「秋篠宮殿下は、『皇嗣』という称号について、内廷皇族ではなく独立した宮家を持つ立場からすると、皇太子や皇太弟といったものとは違うという考えがあるようです。宮家を持たない、いわゆる『天皇家』が内廷皇族に当たるわけですが、これまでは親子関係で成り立ってきたため、皇位継承第1位が天皇の弟で宮家を持つというケースは想定されていなかった。現在でいえば、上皇陛下ご夫妻と天皇一家が内廷皇族になりますが、そこに入らない秋篠宮殿下には、慣例とは違う称号があったほうがいいということでしょう。わざわざ内廷の皇位継承者との違いを述べられたのは、立皇嗣の礼を終えられても、立場としては秋篠宮家の当主で変わらないというお気持ちなのでしょう」(皇室記者)

 今はあくまで一宮家であるから、公用車も質素でいいということなのかもしれない。眞子内親王の結婚を応援すると表明されたことも、「一宮家ならば」という親心も関係しているのではないだろうか。皇室記者はこう見ている。

「眞子さまの結婚について、秋篠宮殿下の取るべき道は3つのどれかでしょう。一つは、これまで殿下ご自身が提起されてきた『多くの人が納得し、喜んでくれる状況』がクリアされること。これは一番望ましい形であり、小室さんが金銭問題や勉学で区切りをつけ、堂々と『納采の儀』や『告期の儀』といった結婚に向けた儀式を執り行って、祝賀ムードで送り出す。ただし、その状況になるまでには、まだ時間がかかることを覚悟しなければならない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング