有馬記念 過去20年のデータから見えてきた「意外な傾向」

NEWSポストセブン / 2020年12月26日 16時5分

 勝ち馬はすべて2400m以上の経験があった。ヴィクトワールピサが勝った最も長い距離は2000mだが、それ以外の19頭には2200m以上の勝ち鞍があった。やはり有馬記念は「長距離戦」なのだ。

 データ通りなら馬連の軸はフィエールマン。昨年の有馬記念は唯一崩れた凱旋門賞からの帰国初戦、大本命アーモンドアイをマークしたのが裏目に出た感があった。天皇賞(春)連覇で長距離馬と思われていたが、天皇賞(秋)では上がり32.7の脚を使ってアーモンドアイに迫った。ネックはルメール騎乗のためオッズが下がること。ファン投票通りの人気でいってほしいところなのだが。

 キセキは天皇賞(秋)→JCという有馬勝者の王道をただ1頭たどってきた。秋4戦目になるが、角居調教師の「馬は休ませすぎると元気が出てしまって、調教でもオーバーワークになってしまう」というNEWSポストセブンのコラムの言葉が耳にこびりついている。中山での勝ち鞍がないのが気になるが、無理に競り合うことなく、マイペースで折り合ったときはしぶとい。角居厩舎として最後の有馬記念、ドラマティックな結末があってもいい。

 ここ10年で5勝の3歳馬、菊花賞3番人気で10着に敗れたバビットは、絶好枠を引いて今回も果敢に逃げるのだろう。京都外回りではあっさり捕まったが、セントライト記念を勝った中山なら粘り切れるかもしれない。

 今年もノーザンファーム生産馬が大挙出走するが、三連単はこの日高生産馬2頭軸マルチを買い、最後の直線まで楽しもうと思う。

 秋競馬を1度しか使っていないラッキーライラックとクロノジェネシスは、最初から有馬記念まで計算に入れていたのかもしれない。3歳馬オーソリティは、無事ならば皐月賞、ダービーに胸を張って出走していた実力馬。いきなり主役に躍り出てもおかしくない。JCを飛ばして、ここに照準を合わせてきた2年前の覇者ブラストワンピースも押さえておく。

 昨年は断然人気のアーモンドアイこそ9着に沈んだが、勝ったリスグラシューをはじめ3着までは2~4番人気のGⅠ馬が入った。馬連が3000円近く、三連複が万馬券、三連単が5万7000円。1.5倍が飛んだとはいえ、さすが売上が大きい有馬記念だ。

 今年もJCに出ていれば好勝負になったであろうGⅠ馬も出走。自粛の空気はJC当時よりさらに厳しくなったこと、JRAプレミアムが実施されることで、昨年の468億円をどれぐらい上回るのかにも注目したい。

●ひがしだ・かずみ/伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング