山口智子 女優になったのは実家の旅館を継ぎたくなかったから

NEWSポストセブン / 2012年12月26日 16時0分

 伝説の小さな生き物“クーナ”を通じて、家族の絆を再構築していく物語を描いたドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(TBS系)。16年ぶりに山口智子(48才)が連ドラに主演するとあって、放送前から大きな話題となっていた。

 最終話では、山口演じる妻が、疎遠だった父親が亡くなって落ちこむ夫を、ことさら励ますわけでもなく、ただ話を聞いて隣に寄り添うというシーンがあった。彼女の自然体でリアルな演技が涙を誘ったが、実は彼女自身の人生がドラマとリンクしていた。

「山口さんにとってこのドラマは、ただの復帰作ではなかったんです。彼女には複雑な関係を続けてきた“母たち” がいるんですが、ちょうどドラマの出演が決まる直前に彼女たちとの絆を再構築していたんです。そういった意味では、思い入れのある作品であり、役柄だったはずです」(芸能関係者)

 山口と“母たち”の物語は栃木県内にある江戸時代初期から続く老舗旅館から始まる。夫と死別し女手ひとつで旅館を切り盛りしてきた祖母(92才)とその息子夫婦のもと、2人姉妹の長女として山口は生まれた。当時、山口の両親は祖母から跡を継ぎ、旅館で毎日忙しく働いていた。そのため、幼い山口の遊び相手はいつも祖母だった。

 そんななか、山口が小学1年生のとき一家に異変が起きる。両親が離婚してしまったのだ。原因は父の女性問題。この時、母は山口と3才年下の妹を連れて、長野の実家へと出戻った。父は何度も母のもとを訪れ、頭を下げたが、彼女が再び旅館に戻ってくることはなかった。

 しかし、幼い山口の「おばあちゃんにまた会いたい」という強い思いが、大きな決断をさせた。母のもとを飛び出して、電車で2時間以上も離れた祖母の家へ駆け込んだのだ。

 まだ幼ない山口にしてみれば、すべてを理解したうえでの行動ではなかっただろう。山口の様子を受け、祖母と母は話し合うことに。最終的に山口は父親側に引き取られることになった。母と妹とは、その日を境に絶縁状態に。それから山口は祖母を実の母のように慕い、実際「お母さん」と呼ぶようになった。

 高校卒業後、山口は東京の短大に進学。20才になったとき、山口のたっての希望で祖母の養子となり、戸籍上も祖母が“母”となった。だが、在学中にモデルのアルバイトを始めたことをきっかけに、女優を志すようになった。そしてとうとう、祖母の反対を押し切って芸能界入りを果たしたのだ。ある雑誌のインタビューで、山口は、当時をこう振り返ったことがあった。

「仕事を始めたのは、家に帰りたくなかったから。(中略)私は旅館を継ぎたくない。性格的に客商売は向いていないし、それに、小さいころに祖母や母のすごい苦労した姿を見て育ったから」

 旅館を継いでほしいと願う祖母だったが、その思いを知りつつも、山口の心の中で、それを否定する思いが、いつの間にか大きくなっていたのだ。結局、祖母は山口にお見合いをすることを約束させ、身上書を書いておくことを条件に、芸能活動を認めたのだった。

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング