石田衣良氏「仮想敵を作ってすぐ憎む気分は捨てた方が良い」

NEWSポストセブン / 2013年1月2日 16時0分

写真

「政治にできることは限られている」と石田衣良氏

 2013年をどう生きるか。直木賞作家・石田衣良氏に聞く新春インタビューをお届けする。テーマは「政治」。自民党が復帰した政治について考えます。(聞き手=フリーライター・神田憲行)

 * * *
--昨年の衆院選で自民党が大勝で政権に返り咲きました。どのような感想を持ちましたか。

石田衣良:僕たちはあまりにもこらえ性が無くなってしまいました。投票用紙をムチとかこん棒のようにして、政治家をひっぱたたくために使っています。政権与党を叩いて引きずり下ろすの繰り返しで、たぶん今年の夏にある参院選でも同じことが起きるでしょう。みんな表面的には政治家を軽蔑しているのに、救世主のように政策一発で救ってくれる天才的な政治家を期待している。そういうヒーローが出てこないからぶっ壊す。政治にアンビバレントな子どもっぽい願望を持つのは止めた方が良いと思うんですよ。政治家に対する見方が幼いなと感じます。政治に出来ることなんて限られているんですから。

--政治にできることはなんでしようか。

石田:大ざっぱに二つしかない。税金で集めたカネを配ることと戦争です。カネと命を握っているのが怖いところでもあるんですが。お金の配分しかできない人たちが、国民を豊にするとか日本企業の価値を高めるとか出来ないんですよね、基本的に。それは僕ら自分たちの仕事でしょ。だから景気よくしてくれとか、日本経済をなんとかしてくれとか、政府に頼むのはお門違いですよ。

--一方で前回の衆院選では見られなかった「第三極」という現象もありました。

石田:日本維新の会はぶれたのが大失敗でしたね。政策も人事もツキハギだらけでフランケンシュタインのよう。もともと彼らは東京へのルサンチマン、地方公務員へのルサンチマンで人気を集めてきた。ダイナモになっているモーターが「嫉妬」なんです。それだけでうまくいくとは思えないなあ。

 維新の会は「地方分権にすればよくなる」と言っていますが、ないお金は出てこないからね。地方分権で貧しくなるのは、補助金がないと食えない地方ですよ。国もお金がないのでどうシステムをいじっても一緒で、民主党の予算の組み替えと同じであり得ない。

 あと橋下さんがよくやる記者バッシングはやめませんか。小沢一郎さんぐらいから始まったと思うんだけれど、自分より立場の弱い人間をつかまて「勉強してから出直してこい」というのダメです。じゃ、維新の会から今回立候補した人たちはみんな今日本が抱えている問題について知っているんですか? 「勉強してから立候補しろ」っていえますよ。お互い様じゃないですか。全ての人にわかりやすくきちんと答えられるというのが政治家の能力なので、すぐ激高して記者とバチバチ喧嘩するといのうは人間として品性が良くないので止めた方がいい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング