チャン・ドンゴンら韓国で映画の重鎮がTVドラマに戻る理由

NEWSポストセブン / 2012年12月27日 16時1分

 日本でも多数観られるようになった韓国ドラマだが「2012年のドラマの顔のトップはチャン・ドンゴン」と語るのは、韓国エンターテインメントライターの安部裕子さん。チャン・グンソク24才、ジョン・ヨンファ(CNBLUE)23才、キム・ヒョンジュン26才etc.…とちょっと前まで20代だけ追ってたけど、ラブコメもストーリーが複雑化する中、政権交代?

「映画とテレビドラマのギャラが接近してきたのも、映画の重鎮がドラマに戻った理由の1つですね。魂が飛ぶ、タイムスリップなど演技力が求められるドラマの流行も、“大人化”を後押ししました」(安部さん)。

 そもそも見てるこっちはR40だったりするので、年季が入ったいい男がしっくりくる。  「チャン・ドンゴンが男同士でじゃれあう少年っぽさもまぶしい。40オトコにときめかないんじゃなくて、夫をはじめ周囲の40オトコがイケてなかったのだと納得」(nikaさん・40才)。

「パク・シフの顔は橋幸夫みたいなんだけど、演技を見たら、男の色気に骨抜きに」(ようこさん・50才)。

 安部さんが2012年のイチオシ作品にあげる『ファントム』では、「ソ・ジソブは悲しみとネガティブと投げやりがハマリ役。『あっち行けよ』とか言いそうだけど、どんなに冷たくされてもついていきたいの」(みこさん・34才)。

 20代は、ただそれだけで美しい“時分の花”。2012年の顔たちはかっこよさを知りつくし、扱いなれて自由自在なので、ハマっちゃうともっと重症になる危険大。

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング