前田敦子と勝地涼 度々怒鳴り合いのけんか、「DV骨折離婚」報道も

NEWSポストセブン / 2021年2月3日 16時5分

2019年には夫婦間で決定的な出来事があったという前田敦子

 離婚協議に入った前田敦子(29才)と勝地涼(34才)。ふたりの関係が悪化するまでの経緯が明らかになってきた。

 2018年夏、交際4か月でのスピード婚したふたり。2019年3月に第1子となる男の子が生まれた。その頃からすれ違うようになり、昨年の春から別居しているという。
 
「あまりにめまぐるしい結婚生活でした。親権は前田さんが持つ方向で、ふたりとも、今後は長男の将来を第一に考えていきたいそうです」(芸能関係者)

 別居をいち早く報じたのは『女性セブン』。昨年6月、前田は都内のスーパーで買い物を済ませると、タワーマンションへと帰っていった。一方、夫の勝地は「仕事部屋」という、そのタワマンから車で20分ほど離れた別のマンションへ帰宅した。
 
 このとき、前田の左手薬指からは、別居前には光っていた結婚指輪が消えていた。

 このふたりには多方面から心配の声が上がっていた。

「どちらも我が強く、話し合おうにも、互いの主張をぶつけ合う。怒鳴り合いの夫婦げんかが絶えませんでした。勝地さんは子育てに協力的ではなく、前田さんが不満をぶつけると、度々つかみ合いのけんかになったこともあったそうです」(ふたりの知人)

 2019年5月には、ふたりの関係を修復不可能にした決定的な出来事があった。前田はこの頃、家事の最中に足の靱帯を傷めたとして、映画のイベントなどを欠席していたが、このけがは実は勝地が原因の骨折だったという。
 
 2月4日発売の『女性セブン』では、「前田敦子『DV骨折離婚』」とのタイトルで、離婚に至るまでの背景を詳報している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング