1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

SNSで虚偽の当選連絡、企業の偽アカウントが使われる事案が増えている

NEWSポストセブン / 2021年2月22日 7時5分

 企業の公式を騙るアカウントを利用して得られたユーザー情報は、何に使われるのか。たとえばショッピグサイトなどの登録の必要があるサービスに不正ログインするために使われる可能性もある。偽アカウントのメッセージをきっかけに銀行口座番号やクレジットカード番号などを知られてしまった場合には、勝手に買い物されるなど金銭的損害を被る危険性が高い。これらの情報収集だけでなく、アフィリエイト収入を得る目的で違うサービスに誘導され、知らず知らずのうちにみずから利益供与に協力してしまうケースもある。

フォロワー数、投稿数、認証マークなどに注目

 これまで、企業の偽公式アカウントといえば、実際に行われているキャンペーンに便乗する形が普通だった。ところが最近は、とくにキャンペーンもイベントも行っていない企業になりすまして偽当選メッセージなどを送りつける例も目立ってきている。

「#懸賞」はInstagramで116万件投稿される人気のハッシュタグだ。主婦層が多いInstagramでは、日常的に様々な懸賞キャンペーンが行われている。しかもコロナ禍で収入減となり、在宅時間が長くなった結果、浮いた時間でこのような懸賞応募に励んでいる人は増えている状態だ。

 40代主婦、松本友里子さん(仮名)もこのような被害に引っかかりかけた一人だ。松本さんは、「当選の連絡がきて嬉しくなって、住所や電話番号などを送ってしまった。銀行口座も書けとあったのに気づかずに書きそびれていて助かった。危なかった」と胸をなでおろす。しかし、「これまでにお皿が当たったこともあるし、チョコレートも当たったので、懸賞応募はこれからも続けるつもり」という。

 どうすれば本物と偽物の区別をつけられるのか。偽物だとアナウンスされたアカウントに気をつけるのはもちろんだが、近ごろの偽公式の広がりは大きい。なりすましているアカウントは一つとは限らず、似たようなIDで複数作っているケースも多い。

 アカウント名で判別しようにも、一見本物と見分けがつかないものがほとんどのため、なんとなく画面を眺めていると、うっかり公式からだと思わせるようなものが多い。たとえば、ネイル用品の大手通販サイト「レッドネイルズ」が、Instagramの偽アカウントについて2020年12月に注意喚起をしているが、偽物の特徴として興味深い例をあげている。本物のアカウント名は「rednails_webchannel」で、偽のアカウントはiが2つ続く「rednaiils_webchannel」やlが2つ続く「rednails_webchannell」といった具合だ。小文字がひとつ余分にあるだけの違いでは、違いを見落とす人が続出しても不思議はない。 アカウント名だけで瞬時に判定するのは難しいが、偽物は投稿数やフォロワー数が少なかったり、ストーリーズが投稿されていなかったり、リンク先が公式サイトではないこともあるので、ちょっとおかしいなと思ったら、そのアカウントの投稿歴やプロフィール欄を確かめると、案外、偽物を見分けられるものだ。それでも判断がつかない場合は、公式サイトからInstagramの公式アカウントを探し、クリックして本物を表示することで確認できるはずだ。その他、認証マークの有無や過去の投稿内容なども確認するといいだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング