「アップルカー」生産委託報道でざわつく自動車業界 日系メーカーの危機感と対抗策

NEWSポストセブン / 2021年2月23日 7時5分

?

 商品企画だって、テスラ車の未来感を見ればわかるように、シリコンバレー企業はデジタルネイティブならではの未来的な発想を盛り込むという点では古い概念に縛られている我々とは比べ物にならないくらい優れている。技術的には優れているが経営が思わしくないというメーカーがアップルの軍門に下ったら、自動車業界の勢力図はどうなるんでしょうね」(前出のメーカー関係者)

アップルの厳しい原価要求はどこも呑めない

 まさに黒船出現の感があるアップルのアップルカー生産委託打診。ただ、アップルにも大きなアキレス腱がある。それは彼らのビジネスモデルそのものだ。

 アップルはファブレス(無工場)企業で、中核技術の開発は自社で行うが、製品については企画からデザインを含めた仕様策定という上流と販売・保守という最下流を手がけ、真ん中の部品を含めた製品作りは全部アウトソーシングしている。

 クルマに限らずモノづくりはその上流と下流の付加価値が高く、中間部である生産の付加価値は低い。ゆえに、スマホでも利益はアップルに鬼のように集中し、生産側は性能的に替えが簡単にきかないソニーのカメラモジュールのような一部分を除き、低い利益率でアップルの高い要求に日々応え続けている。

 自動車メーカーへの委託生産打診でも、アップルはスマホに似た原価要求を行っている可能性が高い。

 そもそもBEVを作りさえすればいいのなら、開発能力も生産能力もある生産受託企業、たとえばオーストリアのマグナ・シュタイヤーのようなところに頼めば一発でケリがつくはずだ。そういうところにアップルが話を持って行かないのは、コスト問題で最初から交渉にならないことをアップル側が重々承知しているものと推察される。

 自動車メーカーもそれは同じで、アップルの原価要求を呑む自動車メーカーは国を問わず、そう簡単に出現しないだろう。

 たとえ、最初に少々うまい話を持ちかけられたとしても、BEVから自動運転、シェアリングサービスと、クルマの次世代ビジネス要素が統合されていくにつれて要求が厳しくなり、最終的に生かさず殺さずという状況になるのが明らかであれば、その話には乗れない。

投資家は自動車メーカーの生産受託を好感

 では、アップルがどこかの自動車メーカーを買収して自社で自動車ビジネスをやるという可能性はあるのか。それは現実的なプランとしては成立するものの、アップル側が二の足を踏むだろう。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング