沢田研二に何が? ファンクラブ、事務所閉鎖に主演映画も延期

NEWSポストセブン / 2021年3月5日 7時5分

2月下旬、昼食へ出かける田中(右)と沢田

『君をのせて』(1971年)でのソロデビューから50年目となるジュリーこと沢田研二(72才)。昨年、新型コロナウイルスに感染して亡くなった志村けんさん(享年70)の遺志を引き継ぎ、14年ぶりの映画主演を決意した彼に、ファンの間では称賛の声が上がっていたが、ここにきて不穏な動きを見せ始め──。

「試写会も終わり、後は公開を待つだけなんですけどね。本当によい作品に仕上がったので、早く多くのかたがたに見ていただきたいのですが……」

 複雑な面持ちでこう話すのは、映画『キネマの神様』のスタッフだ。『キネマの神様』は、松竹映画の100周年を記念して製作された大作映画。人気作家・原田マハの小説を原作とし、山田洋次監督(89才)がメガホンを取った。

 主演には志村けんさんと菅田将暉(28才)が抜擢されたが、撮影を目前にして志村さんは新型コロナウイルスに感染し、帰らぬ人に。さらに、コロナの影響で昨年4月からの撮影は中断。当初12月予定だった公開は大幅にずれ込んだ。

 志村さんを失ったことで、一時はお蔵入りの危機にもあったという本作。その窮地を救ったのが、志村さんの代役に白羽の矢が立った沢田研二だった。

「厳しいスケジュールの中、なんとか撮影を終えました。緊急事態宣言も明けているだろう今年4月16日の公開を目指して、急ピッチで編集作業などの準備を進めてきました」(前出・映画スタッフ)

 しかし、2月中旬、突如公開の再延期が発表された。新たなスケジュールは現状、明らかになっていない。準備はほぼ終わっているというのに、いったいなぜ。その裏にあったのは、ほかならぬあの人の存在だった。

「実は、沢田さんが4月の公開を承諾していないそうなんです。それどころか、最近は“窓口”も閉鎖して連絡もつきにくくなっているとかで」(前出・映画スタッフ)

 本作の撮影に並々ならぬ決意で臨んでいた沢田。志村さん亡き後、山田監督から直々に代役のオファーを受け、その場で快諾したという。

「沢田さんは、かつて志村さんと同じ事務所に所属しコント番組『8時だョ!全員集合』などの番組でも共演経験があります。沢田さんは2006年を最後に映画出演から遠ざかっていましたが、盟友ともいえる志村さんの代役とあって、覚悟を決めて挑んだそうです。撮影では、毎回すさまじいほどの集中力で迫真の演技を見せ、14年ものブランクをまったく感じさせませんでした」(芸能関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング