安倍晋三氏の妻・昭恵さんの居酒屋 予約とりづらい人気店に

NEWSポストセブン / 2013年1月5日 16時0分

 安倍晋三氏の首相復帰とともにファーストレディに返り咲いた昭恵夫人は、昨年10月に東京・内神田に居酒屋「UZU」をオープンさせている。

 ファーストレディが経営する店とはいえ、予約をすれば誰でも店を訪れることができる。しかし、昭恵夫人の集客力なのか、それとも総選挙で294議席を獲得した安倍自民党の勢いなのか、非常に予約がとりづらい人気店となっている。
 
 12月25日に予約の電話を入れると、20時半まで満席とのこと。客が少し引けた21時前に入店し、名物の「山口県産新米と豚汁セット」(980円)と、「角キャベツとUZUみそ」(580円)などをいただいた。
 
 男性店員に聞いたところ、「昭恵さんは選挙が始まってからは顔を出していない」とのこと。夫人自身も雑誌のインタビューで「(夫から)店にはあまり出ないほうがいいんじゃないかと言われた」と明かしていたように、首相夫人がエプロン姿で酔客を相手にするのは、警備上も体面上も良くないのだろう。
 
 主のいない店内で面影を残すのは、トイレに掲げられた夫人の書(金子みすゞの詩)だけだった。

※週刊ポスト2013年1月18日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング