1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

長瀬智也“最後のドラマ”撮影終了 スタッフも涙した感動スピーチ

NEWSポストセブン / 2021年3月25日 16時5分

ドラマの現場ではワイルドにおにぎりを食すことも

 カルビ弁当に赤身弁当、そして牛タン弁当──3月19日の昼下がり、残された時間を噛みしめるかのように、出演者やスタッフは有名焼き肉店の弁当をほおばっていた。場所はTBS「緑山スタジオ」。

「お弁当は戸田恵梨香さん(32才)からの差し入れでした。最後だから特別に豪華に。さみしさとともに、最後のシーンを最高のものにしたいという緊張感も漂っていました」(ドラマ関係者)

 その日、長瀬智也(42才)が主演を務めるドラマ『俺の家の話』(TBS系)がクランクアップを迎えた。最終回放送日(26日)のわずか1週間前だった。

「長瀬さんが能の人間国宝の長男で元プロレスラー役を演じるホームドラマで、介護や遺産相続などの社会問題に切り込む話題の作品です。最後に撮影されたのは、長瀬さんの実家の居間のシーン。撮影は朝から12時間以上続き、深夜にまで及びました」(前出・ドラマ関係者)

 スタジオには長瀬のほか、父親役の西田敏行(73才)、その婚約者役の戸田、一番弟子役の桐谷健太(41才)、弟役の永山絢斗(32才)、妹役の江口のりこ(40才)ら観山家がそろっていた。

 3月末でジャニーズ事務所を退所する長瀬は今後、芸能界を“引退”し、裏方に回るとされる。その日の撮影は、ドラマの最終回というだけでなく、俳優・長瀬のラストシーンになるかもしれないのだ。番組スタッフが語る。

「いつもクランクアップの瞬間は特別ですが、今回はひとしおです。いままでにないくらい大きな拍手がわきました。西田さんら観山家の演者の皆さんは達成感に満ちた表情でした。クランクアップ後は、みんなで記念写真を撮っていましたよ」

 そんなときだった。長瀬が共演者やスタッフに向けて挨拶をしたいと進み出たのだ。空気が再び引き締まる。その場にいた全員が、長瀬の最後の言葉に耳を傾けた。

「言葉は少なかったですが、『このドラマには早い段階からかかわって、いまこうして終わりのときを迎えた』『不安のなかだったが、“今後の自分”の仕事の自信につながった』と話していました。『42才という人生の1ページのいい思い出』になったとも語り、最後に『ありがとうございます』と言ったときには、長瀬さんの目は涙でうるんでいました」(前出・番組スタッフ)

 浮かべた涙、そして短い言葉──そこに込められた長瀬の熱い思いは聞いていた出演者、そしてスタッフにしっかり伝わったようだ。

「スタッフみんなもらい泣きしてしまって……。本当なら打ち上げで長瀬さんともっといろいろ話したかったですが、コロナ禍のご時世で打ち上げはなし。残念です……」(前出・ドラマ関係者)

 長瀬のスピーチを聞いた別の番組スタッフも感無量だったという。

「長瀬さんは撮影の最初の段階から、これが最後の作品という気負いを見せず、いつも通りに振る舞っていました。でも、やはり思うところはあったのでしょう。撮影の合間に、『本当の真価が問われるのは独立してからだ』と話していました。その状況について、緊張もするしワクワクするとも語っていましたよ。

 今回、長瀬さんは与えられた俳優の仕事をこなしただけではありません。クランクイン前から脚本家やプロデューサーと何度も話し合いました。ドラマを一緒につくり上げたという手応えを感じ、それを表現したという思いが強いんです。その達成感から涙が出たのでしょう」

 3月26日、ドラマは最終回を迎える。最後は笑顔か、それとも涙か──。

※女性セブン2021年4月8日号

真価が問われる長瀬

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング