安倍昭恵さん 自ら作るブランド米「昭恵米」を取り寄せる

NEWSポストセブン / 2013年1月9日 16時0分

 任期わずか1年で突然降板し、「政権投げ出し」批判を受けてから5年3か月。安倍晋三氏(58才)が首相への返り咲きを果たし、2012年12月26日に政権が発足した。気さくな人柄で注目を浴びた昭恵さん(50才)にとっても、2度目のファーストレディーとなる。その昭恵さんに作家の大下英治氏が話を聞いた。

――UZU(昭恵さんが経営する東京・神田にある郷土料理居酒屋サロン)を開店した矢先の首相就任。店はどうするんですか?」

「総裁選への出馬を聞いた時は、『あっ、ここで出ますか!』と(笑い)。でも、店はもちろん存続しますし、私も行ける時にはちょっとだけでも顔を出したいと思っています。ただ、主人は(店をやることに)あんまり賛成ではないので…。私は主人が総理になってもたまに行って、一般の人たちが、総理には会えないけど、総理夫人と会って自分の意見が言えるっていう場所にしたいんですけどね」

――また公邸での生活に戻ることになるが、不便も多いのではないですか。前回は、買い物などひとつ取っても大変だと仰っていましたね」

「そうですね。公邸のお掃除は頼めるんですが、それ以外のことについては、自分でやらないといけないんです。あとは寝室がすごく広くて、周りに廊下みたいなのがついているんですよ。落ち着かなくて。

 ただ、買い物については、今回はUZUから、山口県産の新鮮な野菜や、私が作っている『昭恵米』というブランド米が手に入るので、その点は便利ですね」

――公邸には幽霊が出るという噂もかつてはありましたが」

「それは…ノーコメントです(笑い)」

――ということは、それに近いことは、あるっていうことなんですね(笑い)

※女性セブン2013年1月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング