夏の参院選 愛知は河村たかし・名古屋市長の動向が鍵を握る

NEWSポストセブン / 2013年1月11日 7時0分

 総選挙での圧勝を受けて誕生した安倍晋三政権だが、今夏の参議院選挙で過半数を獲得しなければ安定政権とはいえない。そこで参議選挙の注目選挙区の状況をいち早く分析した。ここでは東海の情勢を見てみよう。

 岐阜(定数1)は定数削減選挙区で自民優位は揺るがない。細野豪志・民主幹事長の地元の静岡(定数2)は前回、民主が議席独占を狙って候補者を2人擁立(1人当選)したほど強い地盤だったが、今回は維新に議席を奪われそう。

 愛知(定数3)は自民、民主、維新が議席を分け合う展開だ。そこに河村たかし・名古屋市長の第3極からの参院選出馬があれば台風の目になることは間違いない。三重(定数1)も4連敗中の自民が民主から議席を奪う勢いだ。

●野上忠興(政治ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2013年1月18日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング