1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

高嶋ちさ子が最近、夫に「鼻につく!」と思ったこと

NEWSポストセブン / 2021年4月29日 16時5分

高嶋家の日常はコメディのようという。

「『こんなくだらないコメディみたいな本が売れる世の中ってどうなんだろう』って夫はまた辛辣なことを言っています」と苦笑するのは、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子。

 テレビのバラエティ番組やコンサートのトークでも、裏表のないストレートな発言が人気の高嶋。彼女が生まれ育った高嶋家では、ダウン症の姉にも「オチのないトークは容赦なくダメ出しされる」など“弱肉強食ルール”があったり、子供時代から「デビル」と呼ばれたちさ子以上に強烈な母と祖母、それに対抗する父の(時に大人げない・・・?)バトルがあったり。この家族にしてちさ子あり!と納得してしまう痛快な本音でぶつかり合ってきた。

 さらに、“品のいい猫みたい”だった夫が、高嶋家と接するようになって、「タブーに踏み込むと、笑いがとれることがわかってあえてチャレンジ」というから、「仁義ある戦い」はさらにヒートアップ。プチ反抗期の長男と次男も加わった高嶋ちさ子の“わが家”の日々は、リアルなのに笑ってほろりとさせられるコメディのようだ。

 そんな家族について高嶋が初めて綴ったエッセイ『ダーリンの進化論 わが家の仁義ある戦い』(小学館)が今年1月に発売され、増刷を重ねている。『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)で高嶋と共演するサバンナの高橋茂雄が「驚きと笑劇のホームドラマ!そして破天荒ファミリーが大好きになりました!!」と推薦コメントを寄せてくれた。

「高橋さんに、『お忙しいのに読んでくれてありがとうございます』と言ったら、『いや、ほんとにおもしろかったですよ。あっという間に読めちゃった』って。皆さん、『あっという間に読めた』と言ってくださるので、そのわりには税込1650円て高いのかな?ってちょっと心配になってます」

 そんな高嶋の心配をよそに、ママ友の木佐彩子や中山秀征の妻・白城あやか(元宝塚歌劇団)たちも買って読んでくれているという。「普通そういうのって“義理で買うけど積ん読”ってタイプが多いと思うんですけど、みんなけっこう細部に渡り読んでくれていてすごく感謝しています」(高嶋)

 1997年から続く人気コンサートシリーズ『めざましクラシックス』を高嶋と共同プロデュースするフジテレビの軽部真一アナウンサーは、「家族以外で本の中に名前が出ていたのは僕の他ほとんどいなかったので、めちゃくちゃうれしかった」と喜んでいるという。

「宮根(誠司)さんも『めちゃくちゃおもしろかった』と言ってくださって。安住(紳一郎)さんなんて『泣いた』って言ってたし、皆誠実だなって。自分の不誠実と比べると胸が痛いです。今後、人の本もちゃんと読もうと思います」(高嶋)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング