1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

大島優子、女優としての力量に高評価 元・子役のスキルが発動

NEWSポストセブン / 2021年4月18日 19時5分

女優として開花(時事通信フォト)

 48グループ卒業後、女優に転身する元メンバーは多い。その中でも安定した地位を築きつつあるのが大島優子(32)だろう。

 かつては前田敦子と共に、総選挙でセンターの座を競い合った大島。前田が映画などで評価される一方で、大島は地上波テレビを主戦場としている。大島が初めてつかんだテレビの世界における当たり役は、2017年1月期に放送された『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の鳥居小雪役ではないだろうか。

 小雪は、吉高由里子演じる主人公の親友で、彼女たちが日々女子会を繰り広げる居酒屋の店主の一人娘だ。店の客との不倫関係に悩む30歳女性という役どころは、アイドル時代の大島のファンにとっては、なかなか衝撃的だったことだろう。大島は、浮気男役の田中圭を相手にキスシーンも披露。『東京タラレバ娘』は視聴率2桁をキープする人気作となり、昨秋にはスペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』も放送された。

 大島は、いわゆるアラサー世代に入ってから女優として開花したように思われる。2019年に放送されたNHK連続テレビ小説『スカーレット』で、「女優・大島優子」の力量に気づかされた視聴者も多かったはずだ。ヒロインの幼なじみ役を演じた大島は、少女時代のセーラー服の可憐さはもちろんだが、むしろ物語後半での「おばちゃん」演技の自然さが絶賛された。

 大所帯のアイドルグループの中心でキラキラ輝いていた大島だが、女優としては、主演よりも名バイプレイヤー、脇で良い味を効かせる役割が向いているのかもしれない。ドラマ・映画ライターの小田慶子氏は、大島がもともと子役として活動していたことに着目する。

「子役出身の役者さんに共通するのは、すぐに監督や脚本家の意図を的確につかみ、そのとおりに演じられること。だから、監督たちに喜ばれ、重宝されます。大島さんは、主演ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(2015年、TBS系)の公式ビジュアルブックで『現場で衣装に着替えると、この役にスポッと入れる』と語っており、天性の女優だと言えるでしょう。アイドルが女優になったのではなく、逆に女優が一時期アイドルをやっていたということなのかも」(小田氏)

 小田氏が続ける。

「AKB在籍中は『私が恋愛できない理由』(2011年、フジテレビ系)で『私、バージンなの』と言うセリフがあるなど、アイドルとしての存在感を買われていた印象もありましたが、ここ数年は『東京タラレバ娘』で不倫する役を演じたり、『スカーレット』では野菜かごを担ぐたくましい関西のおばちゃんを演じたりと、アイドルイメージが抜けてきました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング