1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

吉村府知事、山尾志桜里議員…絶対に謝らない「小室さんみたいな人」

NEWSポストセブン / 2021年5月12日 7時5分

謝らない人は、政治家にも…(写真/共同通信社)

 神奈川県に住む細川小百合さん(仮名・38才)の怒りがせきを切ってあふれ出す。

「旦那さんがコロナ失業したというママ友にお金を貸したんです。数回に分けて合計10万円ほど。しばらくして旦那さんの再就職が決まったというので、『返してほしい』と伝えると、『光熱費や税金がたまっていて……』とモゴモゴ。そうこうしているうちに、なんと黙って引っ越したんですよ。その後は携帯電話に連絡してもずっと無視です。

 別のママ友から転居先を聞いて返済を迫ったら『助けて、とは言ったが貸してとは一言も言ってない。引っ越し先まで来るなんて、しつこいし、非常識だ』と逆に私を責めるんです。無理に返してもらうほどの額ではないと言われれば仕方ありませんが……。それでも『ごめんなさい、いまはその余裕がないの』と一言あれば許せるのに」

 そんな経験がある人も多いのではないか。ごめんなさいの一言があればもっとうまくいくのに、なぜ言えないのか──いま多くの国民にそう心配されているのが、秋篠宮家長女の眞子さまと結婚を予定している小室圭さん(29才)である。4月8日、母親と元婚約者の間の金銭トラブルについて、全28枚にもおよぶ長大な文書を発表した。精神科医の片田珠美さんが説明する。

「文面から伝わるのは“自分と母親はまったく悪くない”、そして“悪いのはすべて元婚約者”ということです。文章は長いですが、言いたいことはそれに尽きます」

 その後、元婚約者もコメントを発表。その冒頭で《金銭問題が、いまだに世間を騒がせていることに関し、誠に申し訳なく感じております》と、なによりもまず謝罪の言葉を述べたことで、小室さんの「絶対に謝ろうとしない態度」がかえって鮮明になる始末だ。

 少しでも謝罪の言葉があれば世間の受け止め方は全く違うものになったはず、と思った人も多いだろう。意外かもしれないが、「申し訳ない」の一言が頑なに出てこない人は少なくない。

 大阪でコロナ対策の陣頭指揮をとる吉村洋文府知事(45才)は昨年8月、「うそのような本当の話」と前置きし、「ポビドンヨードのうがい薬(イソジンなど)でコロナに打ち克てると思っている」と会見で発表した。誰がどう考えても、事はそう単純ではない。批判が噴出するとその翌日、「予防効果は一切ない。そういうことは言ってないし、治療薬でもない」と平然と前言を翻した。そう、一言の「すみません」の謝罪もなしに、である。

 しかも、謝るどころか「メディアにも編集権があるから、正確に丁寧に伝えるべきじゃないか」と“逆ギレ”までして見せた。

 不倫相手の元妻が自殺したと、4月下旬に報じられた山尾志桜里議員(46才)もそれに類するメンタルの持ち主だろう。JRが無料になる議員パスを交際相手の自宅訪問など私用に使っていた件についてはツイッター上で簡単な謝罪文を掲載したが、“本丸”である元妻の自死については言及すらしなかった。ある支持者は、「お騒がせしてすみませんと、会見で頭を下げてくれたら……」と嘆くのだ。

※女性セブン2021年5月20・27日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング