ダンスに絶賛の声上がる剛力彩芽 5才からダンス少女だった

NEWSポストセブン / 2013年1月13日 7時0分

 女優・剛力彩芽(20才)が、「ダンスがうますぎる!」と話題を集めている。

 剛力は1月5日放送のバラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のダンス企画「必修ダンス 帰れまSTEP」に出演。

 細かいステップからダイナミックな動きまでキレ味抜群のダンスを披露。ほかの出演者と比べても圧倒的にしなやかな動きで、余裕たっぷりに課題をクリア。“先生”役で出演していたE-Girlsのメンバーからも「うま~い!」との声が出たほどだった。

 ネット上でも、「剛力、ダンスうめえ」「超うまくね?」「質の高さに驚かされた」「なんでこんなにうまいの?」などと絶賛の声が上がっている。

 これまでもCMでダンスを披露したことがあるが、1月に放送が始まった山崎製パン「ランチパック」の最新CMでも、軽快なステップを見せている。撮影現場でもあっという間に動きを覚える剛力に、スタッフから驚きの声があがったそうだ。

 実は剛力、5才からダンスを始めた“ダンス少女”だった。

「先にダンスを始めていた姉の影響で、ダンス教室に通い始めたそうです。ダンスを始めたことで表現する喜びに目覚め、もともとは人見知りだった性格も変えられた、と話していたこともあります。その後もダンスを続け、高校時代は3年間、ダンス部に所属。得意なジャンルは、ジャズとヒップホップだそうです」(芸能ライター)
 
 過去のインタビューでは、ダンスで鍛えたしなやかな体を生かしたアクション女優の夢を明かしたこともある。

 14日スタートの“月9”『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)に主演するなど、ますます活躍が期待されるが、今年はダンサーとしても注目を集めるかも!?



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング