マック「60秒サービス」開始でポテトの“塩抜き”頼む客増加

NEWSポストセブン / 2013年1月13日 16時0分

 日本マクドナルドが始めた「ENJOY! 60秒サービス」(1月31日まで)。注文から60秒以内に全ての商品を準備できなかったら、好きなハンバーガーの無料券がもらえるというものだ、これがスタートして以来、“凄客”が続々来店中だという。都内店舗のマクドナルド店員が語る。

「バーガーをカットしてくれというお客様や、ふたりで来店され『僕はベジタリアンなので、僕の分の肉は彼の方に入れてくれ』という方もいました。それから、ポテトの“塩抜き”を頼まれる方が増えていますね」

 マクドナルドの店舗で用意しているポテトには予め塩が振ってあるため、塩抜きを頼まれると一から揚げなければならない。よって60秒で用意するのは至難の業なのだという。

 こういった複雑オーダーの他にも“実力行使”に打って出る客もいる。

「砂を早く落とすためなんでしょうが、カウンターをバンバン叩く方が数名おりました」(埼玉県のマクドナルド店員)

 ちなみに本誌記者はポテトの用意が間に合わず無料券をゲットしたのだが、結局この盛り上がりって、マクドナルドの思う壺なのでは?

※週刊ポスト2013年1月25日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング