【キャラビズム】下駄をはかなくなり、天気予報が当たらない

NEWSポストセブン / 2013年1月26日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの85歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Le train est bonde mais la jeune institutrice laisse assises ses eleves de secondaire….serait-ce un nouveau modele d’education?
満員電車なのに若い女の先生が中一の生徒達を座らせたまま……新教育かな!

●A present on ne met plus les“ gueta”,c’est peut-etre la raison pour la quelle la Meteo se trompe souvent!
現在はあまりにも下駄をはかなくなったので、天気予報が当たらなくなった!

●Un seul mot peut etre la borne qui separe le succes de la faillite!
一言によって失敗と成功の境目!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング