SHOW-YA バンド名の由来に反省会開いた居酒屋『庄や』も

NEWSポストセブン / 2013年1月20日 7時0分

写真

SHOW-YAの意外な名前の由来について語った寺田恵子

 ド派手な衣装でガールズロックバンドの先駆け的存在として1980年代の音楽シーンをリードした5人組・SHOW-YA。寺田恵子(49才)のキレのあるボーカルで一躍、トップバンドに上りつめたが、バンド結成は高校時代までさかのぼる。

「歌が好きで高校生時代にはカルメン・マキさんのコピーバンドをやっていたんですが、そのときよく通っていたスタジオの人が“女性バンドのボーカルをやらない?”って。興味がなかったので断っていたんですが、ある日“スタジオでメンバーと話をしてほしい”と。

 じゃ直接断ろうと思っていたら、そのバンドの中に同じバイト先の人がいる! まさかの顔見知りと盛り上がってしまい、断るタイミングを失ったところに、当時のリーダーが“はい決まり”って」(寺田・以下同)

 当時のバンド名はメデューサ。寺田が加入してすぐにコンテストに出場したが、予選落ちに終わった。

「居酒屋で反省会をしたんです。そこで“バンド名が悪い”という話になって。“あなたに見せてあげる”という意味を込めてSHOW-YAがいいんじゃないかって。実は、その居酒屋が『庄や』だったというのもありました(笑い)」

 そして1985年、『素敵にダンシング(Coke is it)』でデビューを果たす。しかし、CDは売れず彼女たちが注目を集めることはなかった。

「1枚目、2枚目、3枚目とサウンドは毎回変化をつけて試行錯誤。見た目も女らしくも、かわいくも、少年っぽくもやってみた。でも、どれをやっても結果は変わらない。だったら、もう好きなことしようと開き直ろうと思っていたときに、シャワー浴びる前の下着姿の自分を見て“あ、かっこいい!”って思ったんです。楽曲も衣装もさらけ出したらいいんじゃないの。そんな覚悟でやったのが、あの曲」

 それが1989年にリリースした『限界LOVERS』。8枚目のシングルでようやく30万枚を突破するロングセラーとなった。

※女性セブン2013年1月31日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング