ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」

NEWSポストセブン / 2013年1月21日 7時1分

「人生のいちばんの転機は、やっぱりダチョウ倶楽部の結成ですね。30年ぐらい前かなぁ」

 とゆるーく語り出したダチョウ倶楽部のリーダー、肥後克広(49才)。その結成の仕方も実にゆるかった。

「お笑い芸人を目指して、渋谷道頓堀劇場で修業をしていたころですね。“芸人でやっていくか”って言っている割に努力も何もしない、そういう人間だったんです。そんなときにコント赤信号の渡辺正行さん(56才)が、新人コント大会を主催していて、“肥後、お前も出ろ!”って言われまして。“あ、いいですね”って答えたけれど、実は右から左に抜けていました(笑い)」

 そんなとき新宿を歩いていると、渡辺とバッタリ会ってしまった。

「ネタ作りは進んでるか」

「えっ、何の話ですか?」

「お前なぁ。もうみんな作ってるぞ!」

「あ、あの話ですか…。メンバーが連絡つかなくて…」

「とにかく連絡のつくメンバーを集めろ!」

 こんなやりとりがあって、肥後は焦ってコントをやるメンバーを集めることに。当時、ダチョウ倶楽部の前身となる、キムチ倶楽部というグループを結成していた肥後は、まずそのメンバーに連絡をすることに。

「メンバーは3人以上いたんですが、携帯のない時代なので、家に電話をしてたまたま連絡がついたのが上島(竜兵・51才)と寺門(ジモン・50才)でした」(肥後)

 新人コント大会の結果はまずまずの成績。渡辺から「じゃ来月も出るか」そんなふうに言われることが続き、それが繰り返され今の3人組スタイルの基礎ができあがっていった。それから今までなんとなく続いてきたと肥後は笑う。

「グループがこんなに続いているということは、電話をとったふたりがベストなメンバーだったんでしょうね」

※女性セブン2013年1月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング