1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【インタビュー】初弟子を取った月亭方正「師匠にいただいた命を受け継ぎたい」

NEWSポストセブン / 2021年7月4日 7時5分

落語家となり13年が経った(提供写真)

 落語家の月亭方正がついに弟子を取った──そんなニュースが世間を驚かせてから約1か月。彼はなぜ弟子入りを許したのか。また今後の目標とは何か。本人に話を聞いた。

 もともと“お笑い芸人・山崎邦正”として芸能界で活躍していたものの、2008年より落語家・月亭八方に弟子入りして「月亭方正」の高座名を取得。2013年からは芸名も高座名に改めて落語活動に力を入れてきた月亭方正。2018年には吉本興業が運営する劇場・なんばグランド花月で落語活動10周年記念の独演会を開催し、著書『落語は素晴らしい』を刊行したことも話題を呼んだ。

 そんな月亭方正が5月16日、バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演した際に、初の弟子を取ったことを告白。弟子の高座名は本名から一文字取った「柳」と方正の「正」の字を組み合わせ、「月亭柳正(つきてい・りゅうせい)」と命名された。

 これまでも入門を志願した人物が2人いたというものの、弟子入りには至らなかった。そうした中、なぜ柳正は弟子入りが許されたのだろうか。方正はこう語る。

「これは主観でしかないんですけど、僕と合わへんかったら無理なんです。今までいろんな人を見てきて、僕なりの物差しやプロファイリングがあるんですよ。それに照らし合わせて『嫌だ』と思ってしまったら、弟子に取ることはできません。会って話をしたりする中で、そうした人間性を見定めていきます。

 柳正の前に来た2人は、面談をした時に『どうも違うな』と思ってしまった。理不尽かもわからへんけど、これは本当に仕方がないです。けれどもそれは『自分よりも他にもっと相性が良い師匠がいるだろうな』ということでもあるんです。

 柳正は今年の2月半ばに僕のところに来ました。最初に『僕と合わなかったら断るかもしれん』ということはハッキリと言いました。『僕が嫌だと思うことをしたら破門にする』と。それでもいいと彼が言ったので、まずは見習いということで僕のところに来てもらうことになりました」

 方正が続ける。

「ただ、初対面の時から『あ、これ大丈夫やな』とは思いましたね。彼は2年ぐらい前から僕の落語を何度も観に来ていて、いろんな落語家を知った上で僕のところに来てくれたんですよ。それに嘘偽りのない姿勢というか、ものすごい情熱も感じました。まるで若い頃の自分を見ているようだった。

 とはいえ僕も彼のことをちゃんと知らなきゃと思って、2か月近くは見習いとして接しました。会話する態度とか立ち居振る舞いとか時間を守れるかどうかとか、一人の人間をこんなに深く観察したのは初めてというくらい。それで僕の中で『合格だな』と思って、4月20日に正式に弟子として入門してもらうことになったんです」

「ライバルは自分」の落語家に起きた変化

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング