1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

大谷翔平成功の秘密 ビジネス界も注目の「グロースマインドセット」とは

NEWSポストセブン / 2021年7月17日 16時5分

大谷選手の"心のあり方"にも注目が集まっている(写真/Getty Images)

「彼と会ったとき、『トレーニングも順調にやってます』とすごくいい笑顔で話してくれたのが印象的でした。ちょうどオフシーズンで日本に帰ってきていたときだから、2020年の12月頃です。その“状態のよさ”がいまの大活躍につながっていると思います」

“彼”とはいま間違いなく世界一有名な日本人であろう、大谷翔平(27才)その人だ。大谷を15才から取材してきたスポーツライターで『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』の著書もある佐々木亨さんは、満面の笑みでワールドワイドな活躍を祝福した。

 4年前に海を渡った青年は、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに入団し、快進撃を続けている。前半戦だけで、打っては33本のホームランを量産し、松井秀喜のもつメジャーでの日本人シーズン最多本塁打を更新。投げてはメジャーの強打者を相手に4勝を挙げた(日本時間7月12日時点)。打者・投手の二刀流は世界中の人々の心をとらえて離さず、現地では活躍のたびに発せられる「Sho-Time」との掛け声が流行語になっている。

 世界中の老若男女を虜にする27才の青年は、いかにして“大谷翔平”となったのか

けがやアクシデントを次のステップにする

《悪い時にどうするかが一番大事》《自分の中で課題を消化するのが野球の面白さなのだと思います》──これらは大谷が過去に失敗に直面した際に発した言葉の一部。失敗を受け止めつつも、それをすぐさま好転させようとする、前向きな姿勢がうかがえる。なぜ、そうも前向きになれるのか。

 読み解くひとつのカギとなるのが、「グロースマインドセット」と呼ばれる心のあり方だ。『子育てベスト100』の著者で教育ジャーナリストの加藤紀子さんが解説する。

「これは、発達心理学の世界的な権威であるスタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック教授が提唱したもので、壁にぶつかったときにそれを挑戦や学びとして肯定的に受け止め、困難にも立ち向かえるしなやかな心を指します。

 近年はビジネス界でも注目されており、“激変する世界の中で生き残るには、社内の人材にグロースマインドセットを浸透させることが最も重要”といわれています。失敗を恐れたり、困難にひるんだりすることなく、大舞台で伸び伸びとプレーする大谷選手は、典型的なグロースマインドセットの持ち主です」

 振り返ってみれば大谷の野球人生は、決して華やかなだけではなかった。岩手・花巻東高校を卒業後、「即メジャー挑戦」を表明したが、2012年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズの強行指名によって「進路変更」を余儀なくされ、日ハムに入団。日本球界で初の二刀流として活躍するも、最後のシーズンとなった2017年には、左太腿の故障に悩まされた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング