1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた

NEWSポストセブン / 2021年7月24日 7時5分

シンプルな契約内容が魅力ではあるが…(povoホームページより)

 大手3大キャリアによるオンライン申し込み専用の新ブランドが出揃い、そちらに切り替える人が増えている。ドコモからは月2970円(価格は税込、以下同)で20GBまで使えて1回5分までの通話料込みの「ahamo」(アハモ)。月2728円で20GBまで使えるauの新ブランド「povo(ポヴォ)」と、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」。

 安さに惹かれつつも、「手続き、サポートがオンライン限定」という点でためらう人々も多いことだろう。また、「低価格の代わりに、ネットに繋がりにくいのではないか?」という心配もあるかもしれない。

 SNSやゲームアプリで毎日7時間以上スマホに触れるスマホ依存気味でありながら、大の機械オンチでもある筆者が、その中から「povo」を契約し、使用感を試した。「povo」にしたのは、もともとauユーザーだったからだ。

申し込みは、拍子抜けするほど簡単

「povo」は契約窓口もオンライン限定だ。筆者はデータ通信量やら料金プランやらに疎く、携帯ショップでは毎回スタッフに勧められるがままに契約している。そんな自分がオンライン手続きなんてできるのだろうか……と尻込みしていたが、結論から言うと、簡単にできた。

 筆者のようにもともとのauユーザーが「povo」に乗り換える手続きは、ごく簡単だ。まず「povo」公式サイトにアクセスし、「auから変更」を選び、「au IDにてログイン」を選べばいい。最初からauのIDを持っているので、面倒な入力作業はなかった。利用中の端末がpovoに対応しているか、といった確認事項に対して、ほとんど「はい/いいえ」で答えていくだけなので、5分~10分で契約完了した。個人的な感覚としては、何らかのアプリをダウンロードして、アカウントを作る程度の手間とそれほど変わらず、やや拍子抜けするほどだった。

 自分の使い方に合わせた各種「トッピング」について選択する場面があるが、「5分以内通話かけ放題550円/月」、「通話かけ放題1650円/月」、「トッピングなし」の3択から選ぶだけだ。トッピングの設定は「povo」アプリなどから後で簡単に変更できるようだ。

 ほかにもトッピングには、「データ使い放題220円/24時間」や「データ追加550円/1GB(有効期間31日)」なども用意されており、これらは「povo」アプリから必要に応じて選択することができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング