1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『ワイドナ』vs『サンジャポ』 松本人志が意識するコア視聴率の逆転現象

NEWSポストセブン / 2021年7月25日 7時5分

松本人志が注目する「コア視聴率」とは?(時事通信フォト)

 日曜の午前中は1週間を振り返るテレビ番組が目白押しだ。8時台はTBS『サンデーモーニング』と日本テレビ『シューイチ』、10時台にはTBS『サンデー・ジャポン』、フジテレビ『ワイドナショー』、12時台にはTBS『アッコにおまかせ!』と続く。これらの番組の視聴率はどうなっているのか(以下、視聴率はビデオリサーチ調べ/関東地区)。テレビ局関係者が話す。

「この中では、TBSの世帯視聴率が良いです。関口宏の『サンデーモーニング』は15%前後で週間ランキングベストテンによく入っているし、爆笑問題の『サンジャポ』も11~12%で松本人志の『ワイドナショー』に負けることはまずない。TBSの午前中は強いですよ。ただ、あくまで“世帯”にフォーカスした場合ですけど」(以下同)

 昨年からテレビ局は個人視聴率に重きを置くようになった。フジテレビは13歳から49歳までを『キー特性』と呼んでいる。TBSは13歳から59歳を『ファミリーコア』と定義していたが、今年春に4歳から49歳と引き下げ、『新ファミリーコア』と改めた。

「今はどの局も50歳未満に焦点を絞っています。ダウンタウンの松本人志が『コア視聴率』に言及したことで、一般的にもある程度浸透したかもしれませんね」

 6月12日、松本が民放で20年ぶりに新作コントを披露した『キングオブコントの会』(TBS系)が放送された。世帯視聴率は6.8%だったが、松本が14日に「コア視聴率が良かったんです。コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです。そのコア視聴率が3時間横並びでトップやんたんです」(原文ママ)とツイート。

 20日の『ワイドナショー』では「世帯視聴率が高くても、コア視聴率が低いと番組は終わっちゃうんですよ。(中略)要するに今、重要視されているのはスポンサーもテレビ局もコア視聴率の方なんですよ」と述べた。

50歳以上の視聴率は『サンジャポ』が圧倒だが

「3月には日本テレビ『メレンゲの気持ち』、フジテレビ『とくダネ!』、TBS『噂の!東京マガジン』(BS-TBSに移行)と20~30年続いた長寿番組が終わった。46年続いているテレビ朝日『アタック25』も、9月限りでの終了が発表されました。いずれも、『コア視聴率』の低さが1つの原因だと囁かれています」

 松本は6月14日の『ワイドナショー』で、「皆さんが面白いと思ったのに、世帯視聴率が低かったからといって全然悲観しなくてもいいんです。大抵その場合、コア視聴率取ってますから!」と語っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング