1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

鈴木保奈美、離婚発表で注目度上昇「ニュースの女」であり続ける生き方

NEWSポストセブン / 2021年7月30日 19時5分

女優業に本格復帰するきっかけとなった(!?)2018年のドラマ『SUITS/スーツ』発表会見の姿。美しくて強い女性役がピタリとハマる

 とんねるずの石橋貴明(59才)と離婚した鈴木保奈美(54才)。ここ数年は精力的に女優として活動する彼女を長年ウォッチしてきたのが、放送作家でコラムニストの山田美保子さんだ。山田さんが、“鈴木保奈美”という生き方を分析する。

 * * *
 23年間、連れ添った石橋貴明サンとの離婚を発表した鈴木保奈美サン。

 マスコミやファンへの報告の場は貴明サンのYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』でしたし、保奈美サンは今後も貴明サンが社長を務める事務所に所属されるそうですから、一瞬、イニシアチブを握っているのは貴明サンのように見えます。しかも、表向きは(!)流行りの卒婚に近いような雰囲気も。

 慰謝料や親権などについては明かされていませんが、唯一、われわれに伝えられた離婚理由は、昨年、三女さんが高校を卒業し、子育てに一区切りがついたからです。

『女性セブン』のスクープで、保奈美サンが3億円のマンションを個人名義で購入していたのをキャッチしたのも“昨年”のことですから、保奈美サンは着々と計画を進めていたというワケ。保奈美サンが主導権を握り、綿密に計画をして離婚に至ったというのは間違いなさそうですね。

 果たして、この離婚報告を受けてのマスコミの記事の主語は100%、「鈴木保奈美」になりました。私も早々に「NEWSポストセブン」で原稿を書かせていただきました。

 あの『東京ラブストーリー』(1991年・フジテレビ系)以来、“鈴木保奈美ウオッチャー”だった私。某誌で同ドラマのキャストの皆さんの取材をさせていただいたとき、現場にお見えになっていた担当プロデューサー氏と保奈美サンの何ともいえない雰囲気に「アレ?」と思ったのも鮮明に覚えています。

 そこから彼女は、氏との関係に悩んだり振り回されたりしているように見えました。その後の交際報道や2度の電撃結婚はどれも「あてつけ」といわれたものですよね。

 とはいえ、貴明サンに連れ添った年月は決して短いものではありません。娘さん3人を育てあげたのも、立派なことだと思います。今回の離婚に、保奈美サンの“過去”が何か関係しているかと問われたら、それは「NO」と断言できます。でもやっぱり、昔のことが書きたくて書きたくて……、書いちゃいました。

 当初、保奈美サンの“過去”に言及した記事は見当たらなかったのですが、私がきっかけを作ってしまったのでしょうか。いまだに記事の多くは奔放な彼女の恋愛遍歴や結婚歴、近年、貴明サンとの間に生じた格差などに言及した「主演・鈴木保奈美」のヒストリーばかりです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング