1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

鈴木保奈美、離婚発表で注目度上昇「ニュースの女」であり続ける生き方

NEWSポストセブン / 2021年7月30日 19時5分

 それにしても、『貴ちゃんねるず』で貴明サンの傍らでほほ笑む保奈美サンは本当におきれいでした。そして本当にスッキリした笑顔でした。

 一方、貴明サンは、苦虫を噛み潰したよう……とまではいいませんが、何ともいえない表情でしたよね。

 おふたりの笑顔の差を見れば、やはりこの離婚は、保奈美サン主導で進んでいったのだと思ってしまいます。

 私は、保奈美サンが演じるキャリアウーマンが大好きで、特に『ニュースの女』(1998年・フジテレビ系)や、近年では『SUITS/スーツ』(2018年、2020年season2・同)に釘付けになったものです。

『SUITS』には中村アンさん(33才)や新木優子サン(27才)という若い女優さんが花を添えていらっしゃいましたが、保奈美サン、勝っていました。

 理由の1つに、保奈美サンが演じる「幸村チカ」のファッションがありました。女性らしいフォルムや鮮やかな色使いのトップスにタイトスカート。そしてハイヒールを合わせた理想的かつ憧れのキャリアウーマンコーデです。

 昨年、この衣装を担当された著名なスタイリスト、犬走比佐乃さんのインタビュー記事を読ませていただいたところ、長年、保奈美サンを担当されてきた犬走さんを『SUITS』でも“ご指名”したのは保奈美サンご本人だったそうです。

 おふたりで相談をしながらアイテムやコーデを決めていって、season2の衣装合わせの際、保奈美サンは「チカになった」とおっしゃったそうなのです。

 女優さんに限らず、女性にとっては勝負服というものがありますよね。特にバリキャリ女性のそれについて、私は昔から“武装”というワードを使わせていただいています。

 保奈美サンと何度もタッグを組み、役柄や、その時々の保奈美サンのメンタルにも寄り添いながら衣装選びをなさってきた犬走さんのサポートで完成した〝武装〟という名のコーデ。

 この『SUITS』のseason1とseason2の衣装によって、「女優・鈴木保奈美」がよみがえり、「幸村チカ」が乗り移ったことなどとも相まって、保奈美サンが本格的に女優業へと舵を切ったように思えてならないのです。

『ホリプロタレントスカウトキャラバン』受賞で芸能界入り

 もう1つは、保奈美サンの芸能界入りの“きっかけ”です。

 それは、1984年に開催された『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』。第1回の榊原郁恵サン(62才)を筆頭に、能勢慶子サン(58才)、比企理恵サン(55才)、堀ちえみサン(54才)ら、当時はアイドル歌手の登竜門だった同コンテストで、保奈美サンが「審査員特別賞」に選ばれたときのグランプリは、伝説のレオタードダンスでおなじみの井森美幸サン(52才)でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング