1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「本当に楽しい日々でした」千葉真一さんが語っていた野際陽子さんとの結婚生活

NEWSポストセブン / 2021年8月25日 16時5分

千葉真一さんの生前の姿に迫る

 その訃報はあまりに突然だった。新型コロナウイルスによる肺炎のため、千葉真一さんが亡くなったのは8月19日のこと。82才だった。千葉さんは7月末にコロナに感染して自宅療養していたが、急激に症状が悪化したことで8月8日に入院。そのまま帰らぬ人となった。

 コロナ禍ゆえ通夜は行われず、死去から一夜明けた20日に故郷の千葉県君津市で家族と一部関係者のみの葬儀が行われ、千葉さんは荼毘に付された。知人はこう語る。

「ついこの間まで元気そのものだったので信じられません。千葉さんが亡くなった日、病院には、次男の眞栄田郷敦くん(21才)や彼の異母姉にあたる長女の真瀬樹里さん(46才)が駆けつけました。遺族は防護服を着て対面できましたが、行っても会えないとわかっているのに仕事関係者ら多くの友人知人が集まった。2015年に離婚した郷敦くんのお母さんも京都から飛んで来たんですよ。

 2回結婚して2回離婚。おカネにもルーズ。皆、千葉さんのよいところも悪いところも知っている人たち。いろいろあったけど身近でかかわった人たち皆から、彼は愛されていました」

 千葉さんは毀誉褒貶の激しい人生を送ってきた。日本体育大学を中退し、東映に入社したのは1959年。アクションができる俳優として期待され、1960年に特撮ヒーロー作品の『新 七色仮面』で主演デビューした。その後は数々のテレビドラマや映画で活躍。大ヒットドラマ『キイハンター』(1968~1973年・TBS系)や、映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』(1973年)で好演し、俳優としての地位を確立させていく。

 さらに千葉さんは、世界で通用するアクション俳優やスタントマンの育成のため、1970年に「ジャパンアクションクラブ」(JAC)を設立。そこから真田広之(60才)や志穂美悦子(65才)といったアクションスターを輩出した。

家にはほとんど帰らず、借金は数億円に

 日本のアクション俳優の草分けとなった千葉さんだが、私生活ではマスコミを騒がすことも少なくなかった。その最たるものが、2017年に亡くなった女優・野際陽子さん(享年81)との「結婚」と「離婚」だろう。『キイハンター』での共演をきっかけに、千葉さんと野際さんは1973年に結婚した。

「肉体派のアクション俳優と、元NHKアナウンサーでフランス留学経験もある“お嬢様女優”の結婚は世間を騒がせました。当時のマスコミはこのカップルを『美女と野獣』『水と油』などと書き立てました」(ベテラン芸能記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング