1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

優木まおみほか所属タレントのYouTube進出支える生島ヒロシの戦略

NEWSポストセブン / 2021年8月28日 16時5分

優木まおみの『MAOMI CHANNEL』ではピラティスを紹介(YouTubeより)

 コロナ禍による巣ごもり需要の増大で、各業界の著名人が次々とYouTubeに進出している。今やタレントはテレビだけではなく、配信の世界でも強い存在感を放てるかが、安定した人気を得られるかの分かれ目となっている。

 女性タレントの中にはこれまでタブーとされてきた「すっぴん」を晒し、「モーニングルーティーン」など半プライベートな日常を見せる人もいる。YouTuberを兼ねる女性タレントがどんどん増えるなかで、どのように“違い”を演出するかも重要になってきた。

「いかにセルフプロデュースする力があるか、そして視聴者に楽しんでもらえるネタを持っているかで差がつく時代になったと考えています」

 そう話すのは、フリーアナウンサーであり、自身が経営する芸能事務所「生島企画室」の所属タレントが次々とYouTube界に参入している生島ヒロシ氏だ。とりわけ大切なのは“演出”ではなく“ハプニング”だという。

「たとえば優木まおみ(41)の『MAOMI CHANNEL』は、基本的には女性向けにピラティスとオリジナルエクササイズ「マオビクス」を紹介したりしているが、思わぬところでドキッとするようなシーンが入ったりして、男性のチャンネル登録者も多いようです。テレビだと演出する必要のあるお色気が、YouTubeだと自然になる。そういうハプニングの中に、彼女たちの個性や魅力が詰まっているんです」

 優木の『MAOMI CHANNEL』では、寝ぼけ眼の表情で登場し、パジャマ姿のままストレッチしたり、朝のスキンケア、子供たちへの朝食作りなどの様子を流した「モーニングルーティーン」動画が25万回の再生数を記録している。

「あとは、5人産んでもスーパーボディを維持する59歳の『骨盤ネジ締め』エクササイズインストラクターであるYUKA先生の動画は必見ですよ。尿漏れが気になるようになったり、体型が崩れた人のために、内側から綺麗に見た目を格好よくするエクササイズです。日常生活のなかでのトレーニングで、生島企画室の公式チャンネルでは、僕も出演して体験したのですが、これが思った以上にハードなんです。本人はもちろん真剣にやっているんですが、動画を見た人から“ちょっといやらしいね”という感想も聞きました(苦笑)ただ、トレーニングを体験したことで、僕自身、効果を実感しています」(生島氏)

 YouTube配信を始めるとなると、動画の編集技術なども必要になってくる。タレントの中には編集作業を勉強し、自分のチャンネルをイチからプロデュースしている人もいるという。

「ヴァイオリニストの益子侑(35)は『益子侑のヴァイオリン研究室』で100日連続動画アップを目指しているんですが、毎日の編集作業も自分達でやっています。ライブ配信にしてしまえばラクなところを、そうせずにきっちり編集している」(生島氏)

 生配信でのハプニングで視聴者を楽しませるタレントもいえば、手の込んだ編集で視聴者を獲得するタレントもいる。「有名人のチャンネルだからといって、必ずしも再生回数が伸びるわけではないシビアな世界」(生島氏)において、これからはどのような“創意工夫”の凝らされた動画が登場することになるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング