1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

長谷川博己の妹、料理家・弓子さんが話題に 活躍の裏に家族の物語

NEWSポストセブン / 2021年8月30日 11時5分

 弓子さんには、こだわりの料理がある。

「彼女は魚料理を得意としているのですが、これにはお父様の魚好きが影響しているんです。なかでも『いわしの揚げしんじょ』は、弓子さんが母から受け継いだ、“長谷川家の味”。うま味が口いっぱいに広がるおいしすぎる一品なんだとか」(前出・長谷川家の知人)

 父に導かれたのは、弓子さんだけではない。兄の博己は、3才の頃に堯さんに連れられて映画館で見た『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に感銘を受け、俳優を志すきっかけになった。実はそうした兄妹の父に対する思いは、目に見える形で残された。

「堯さんが亡くなる約半年前の2018年9月、長谷川さんと弓子さんとで個人事務所を設立しました。その社名が堯さんの名前にちなんだものなんです」(前出・長谷川家の知人)

 長谷川家の絆は強固なものに感じられる。そこで気になるのが、長谷川と事実婚状態と報じられている鈴木京香(53才)の立ち位置だ。

「食に関しては、京香さんも造詣が深い。行きつけの店も、知る人ぞ知る名店ばかりで、料理も得意なんです。そんな背景もあって、『王様のレストラン』(1995年・フジテレビ系)や『グランメゾン東京』(2019年・TBS系)など、レストランが舞台のドラマにも数多く出演しています。京香さんも弓子さんのことはご存じのはず。弓子さんの手料理を味わっているのでしょうね」(京香の知人)

 長谷川家の面々は京香もたじろぐほど華麗だった。

※女性セブン2021年9月9日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング