1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「食べる美容サラダ=ベジたんサラダ」で美しく!簡単レシピ6選

NEWSポストセブン / 2021年8月31日 16時5分

『味噌カレー味の紫キャベツサラダ』

「物足りない」「ワンパターンでマンネリ化する」──といわれることも多いのが、サラダ。そこで、より満足度が高いサラダを実現すべく、著書『もっとやせる!キレイになる!ベジたんサラダ50』が話題の野菜ソムリエプロで美容にも詳しいAtsushiさんが“食べる美容サラダ”レシピをご紹介します!『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)など数々の番組に出演し、芸能人をうならせたその味を、毎日のサラダレパートリーに入れてみませんか?

 Atsushiさんが教える「ベジたんサラダ」とは、低糖質&高たんぱくの大満足サラダ。酵素やさまざまなビタミンが豊富な生野菜と、皮膚や髪、筋肉など体をつくるのに欠かせないたんぱく質。この美容につながる最強な食材「ベジ(野菜)+たんぱく質(肉・魚・豆など)」を組み合わせた具だくさんなパワーサラダがベジたんサラダです。

 調理のコツは、大きめのボウルを使うこと。直径25cm以上の大きめのボウルに食材と調味料を入れて混ぜれば、少量の調味料でも全体に味が回り、油や塩分の摂りすぎを抑えてヘルシーに味わえます。

『味噌カレー味の紫キャベツサラダ』

●材料(1~2人分)
しらす干し…80g、紫キャベツ…1/5個(150g)
パプリカ(赤)…1/2個(80g)
三つ葉…3束(60g)、いんげん…10本(70g)
A[味噌…小さじ2、カレー粉…小さじ1、レモン汁…1/2個分、クミンシード…小さじ1、エクストラバージン(以下EXV)オリーブオイル…大さじ1]

●作り方
【1】紫キャベツはせん切りにする。パプリカは横半分に切り、5mm幅の細切りにする。三つ葉は3cm長さに切る。
【2】いんげんは3cm長さに斜めに切る。耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで1分加熱。水気をきって、粗熱を取る。(※電子レンジは500Wを使用)
【3】大きめのボウルに[A]を入れて混ぜ合わせる。しらす干しと、【1】、【2】を加えて和える。

「味噌は肌のターンオーバーを整えてなめらかな肌にする効果が。熱に弱いのでドレッシングにすると、酵素を失わず効率よく吸収できます。しらす干しはたんぱく質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなどバランスよく含まれる優秀食材。やさしい塩味も◎」(Atsushiさん、以下同)

『さば缶トマトのコールスロー』

●材料(1~2人分)
さば味噌煮缶…1缶(130g)、ミニトマト…5個
キャベツ…小1/6個(100gまたは葉を3?4枚)
三つ葉…2束(40g)、パセリ…1?2本(10g)
A[黒酢…大さじ1、白すりごま…大さじ2、クミンシード…小さじ1/2、塩、黒こしょう 各少量、EXVオリーブオイル…大さじ1]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング